おそろいコ〜デ。

いつものバス停にて――


「お揃いコ〜デかぁ〜」

月夜がいつも通りスマホでオシャレ系情報を見ていると、『JKとJDの8割強は友達とお揃いのコ〜ディネイトを楽しんでいる』という記事をみた月夜は――

「ん? ど〜したの?」

月夜の視線に気付いたイブキそんな応えを返す。

「いや……イブキとウチどっちも似合う服ってどんなやつかな〜って思って――」

「うん? 月夜とイブキさんってまったくタイプちがうし、おんなじフクソ〜したどっちかがにあわなくんるんじゃない?」

「そっか〜そうだよね。イブキって動き易いパンツ系好きだしね」

「月夜はわりとロシュツしてもいいほ~だもんネ」

「イブキはいっつも底上げブラだし」

「月夜はショ~ブフクのコトをたべほ~だいのときにきるフクだとおもってたもんネ」

「イブキ靴って全部上げ底だしね」

「月夜の下着――」

 そのあとも互いに数々の言葉を交わした後――


「お揃い無理そうだね……」

「だね……」

なぜかお互い傷ついただけの話題だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます