できること。

いつものバス停にて――


「この4つさえやればモテまくりまちがいないし⁉︎」

イブキが愛用の大型スマホでニュ〜スアプリを見ていると、そんなコラムが目にとまった。

「はふはふ――そ〜いうのってさ、結局すっごい無理めの事言われない」

月夜が毒々しい黄色の中華マンを頬張りながら応える。

「ど、どりょくしだいだよ!」

「まあ、がんばって」

月夜がおざなり対応をして中華マンを一口。

「まず――モテとくしゅはかかさずチェック。おぉ! やってる、イブキさんこれはやってるよっ‼︎ ふふ〜ん。イブキさんのジダイはすぐそこまできてるネ〜」

「はふはふ、よかったじゃない」

「その2、じぶんにできるコトぜんぶやる」

「まっ。努力はしてんじゃない」

「その3 シッパイをこわがらない」

「ウチはむしろ、イブキの怖いものを知りたい」

「その4 ダンジョともになかよくする」

「要約すると、モテるためには常に情報取集を心がけ、自分を磨く努力は全部やって、それでも失敗する時があるから強いメンタルを持ち、最後に男女ともに人間関係を大事にする」

「……イブキさんのジダイ」

「22世紀に間に合うかな?」

イブキの時代はまだ遠い。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます