あきのみかく〜

 いつものバス停にて――


「ふ〜ん……松茸ってそんなに好かれてないんだ」

月夜がいつものようにバスの待ち時間を利用して、ニュ〜スアプリでグルメ情報を見ながら呟いた。

「ミカクのあきってゆ〜ケドそのわりにおいしいものすくないよね〜」

「まあ、好みには個人差があるから、サンマおいしいじゃん」

「ニガいし……ホネいっぱいだし……」

「松茸!」

「たべたコトないし」

「うっ……そういえばウチもない……匂いくらいは嗅いだ事あるけど……。

じゃ、ナス! 秋那須はっ‼︎」

「ナス! ナスまえにミソシルのなかにいれたらドロドロしちゃって、それいらいキラい!」

「リンゴ!」

「リンゴってあきのもんなの?」

「いちお〜ね。ほかにもイワシとか」

「につけにするとおいし〜ケド、そこまでテンションあがんないな〜」

「里芋は?」

「ごめん。サトイモがわかんない。サツマイモとジャガはあたまにうかんだけど……」

「ちなみに薩摩芋も秋が旬ね」

「ふ〜ん……なんかいろいろいっぱいたべててイイね」

「ぜ、全部食べてるワケじゃないわよっ!」

と、言いつつ大抵はコンプしてる月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます