へんけ〜

 いつものバス停にて――


「おっ! 月夜、月夜‼︎ これみて、みて〜‼︎!」

イブキが最新のテクノロジーを紹介するニュ〜スアプリを見ながら興奮した声をあげる。

「ん〜? どしたの?」

月夜が冷たい秋風に身を震わせながらイブキの話題に付き合う。

「外国の自動車メ〜カ〜が一般車が用途に合わせてトラックやSUVに形を変える車を発表?」

「そうなんだよ! しかも――」

「小型無人飛行の技術も開発中?」

「すっごいよね! ヘンケ〜して空もとぶんだよ! ユメがひろがるよ! ロマンがあるよ‼︎ ワクテカだよっ‼︎!」

そういって瞳を輝かせてるイブキに「さすがにこれ嘘だろ」っと言い出せない月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます