あきかたなうお。

 いつものバス停にて――


「ねぇ、月夜」

「ん〜?」

月夜は頬に貼られデッカい湿布を触りながら――

「――って、ど〜したの⁉︎ それ」

イブキが月夜の頬指して。

「う〜ん……昨日部活でちょっと失敗しちゃって……でも、少し弓弦が掠めただけだから」

「い、いたいの?」

「酷いのになると耳がなくなったりするから、それに比べれば、まあ、それよりなんだったの?」

「あ! あなのね、あのね――」


「アキガタナウオってなに?」


「へ?」

「だから、アキガタナウオだよ。これこれ」

そういってイブキがスマホ画面を見せる。

「これはサンマね」

「あぁ……そうなんだ……もっと、こう――クジラの『一角』っぽいのソ〜ゾ〜してたのに……」

なにか物凄い存在を想像して空振ったイブキをみて月夜がフォローする。

「でも、ほらサンマおいし〜じゃん。秋のおいしい物だよ」

「イブキさんあのニガミとホネいっぱいなのはど〜もすきになれないんだよね……」

「へぇ〜そういえばイブキ嫌いな食べ物はじめ聞いたかも」

「そだっけ?」

「うん」

味覚の秋も人それぞれだな〜と感じた月夜だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます