いちまんPV

「「祝いちまんアクセスたっせい〜」」


「いや〜いちまんだよ! いっちま〜ん‼︎」

「半年かかんなかったね」

「みなさんがアキずにまいにちおとずれてくてたってコトだね」

「ほんと毎回、書き出しまったく一緒なのに」

「ごくまれにちがうときもあるよ!」

「そうなんだ。ウチはてっきり『い』って入力すると『いつものバス停にて――』ってでるようになってると思ってた」

「ちがうよ! ちゃんとまいかいうってるよ‼︎ ――と、このままだとまいかコ〜レイのようにグダりそうだからオダイもらってたんだった」

そういうとイブキはどこからともなくフリップを取り出す。

そこには――


『ポケベル』


と、書かれていた。

「ポケベル?」

「なんだろ〜これ? ポケットベルバラ?」

「なんでポケットにする必要あんの?」

「ああ。ウラにショ〜サイのってた」

「ちょっと見せて。ん〜なになに――ポケットベルの略で個別に割り振られた電話番号をいれるとポケベルが鳴る?」

「へ? なるだけ? バクハツするとか、ヒ〜ロ〜がかけつけるとかじゃなくて」

「そ〜みたい……」

「なったらど〜すんの?」

「どうすんだろ?」


「「…………………………………………」」


「と、とゆ〜ワケでまたね〜」

「お題でグタったわね」


なろう小説で1万PV突破したときの記念です。

 カクヨムではまだまだですね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます