めてお。

 いつものバス停――は、いま数時間後に夜明けを迎えるまで静かで佇んでいた。


 日本時間9月8日午前3時ごろ。

 月夜は自宅のベッドでグッスリだった。お気に入りのパジャマを着てネコなのかイヌなのかタコなのかよくわからない生き物を模した抱きマクロにひっついって静かに寝息をたたていた。

 ブ~ン、ブ~ン、ブ~ン――

 そんなみんなの寝静まる深夜に突然、月夜のスマホが着信を告げる。

「……ん~」

 月夜は半分眠りながら手をワサワサと動かしてマクラの横で振動しているスマホを取ると――

「……はい? だれですか?」

『あっ! 月夜、月夜。おきてる?――でたからおきてのにきまってるか」

「……イブキ?」

 スマホから聞こえてきた声に寝ぼけながら答える。

「月夜なにねてんのさ」

「なにって……いま何時……? まだ暗いでしょ? そりゃ寝てるわよ」

「もうすぐインセキがチキュ~をかすめるんだよ! NASAは当たらないっていうケド、け~さんミスしてたらチョクゲキすんだよ!! おわりのはじまりだよ――」

 興奮ぎみにまくしたてるイブキの声を子守唄に月夜は再び微睡の中に身をゆだねた。


 そして、いつものバス停にて――


「イブキ」

「ん~?」

「今朝電話した?」

「おぼえてないんだ月夜!?」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます