わだい。

いつものバス停にて――


「デング熱感染源は代々木公園、都は駆除に――」

月夜がそんな記事を読んでいると――

「だめだめ。もっとあかるいワダイさがさんきゃ――う〜んと……たとえばこれなんかどう?」

そういってイブキが掲げたスマホ画面には――

「男性が許容できる腐女子のセーフゾーン?」

 月夜がイブキの掲げるスマホ画面を読み上げる。

「そそ。おとこのヒトがここまでならOKっておもうギリギリのラインをアンケートにとったものだよ」

「そ、そうなんだ?」

 ツィーっとイブキから視線を反らす月夜。

「うけいれられないジョ~ケン――リアルのヒトでモ~ソウしない。わぉ! これはト~ゼンだよね、しりあいの友達とかカレシとかで――」

「イブキ、イブキ。ガリガリ君100本購入したときの当たり何ポンだと思う?」

 あわわと慌てながら話しを反らそうとする月夜。

「そのニ~ほかのヒトにBLをキョ~ヨウしない。そうだね~フキョ~とかいってかってに本棚においていたり、部活のコ~ハイによませてカンソ~いわせたり、あまつさえ「今度の文化祭で高圧メガネ会長と執事モノを書け」とかいったりしたらダメだよね~」

「そんな――! 女子はみんなホモが好きなのっ!! 大好きなのっ!!! 後半は心当たりないけど布教して覚醒させるのはウチらの役目!」

「その三~サンザイしない~。そ~いえば月夜、コミケまえはいろいろいそがしかったよね? そんでコミケ後はごはんもいこ~っていわなくなったよね?」

「うっうっ――」

 ついにボロボロと大粒の涙を流し始めた月夜にイブキは――

「あっ! でもほら、ほかにシュミがあったりするバアイはいいみたいだよ~月夜はほら――あれ? ダイジョブ、ダイジョブ……え、え~っと……ほらみて、カワイイとおとこのヒトはなんでもいいみたいだから――月夜はカワイイからヘ~キだよヘ~キ」

 始終、イブキのタ~ンな日だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます