わき。

 いつものバス停にて――


「ふ~ん……約3割の男性が女子の腋がきになるか~」

 スマホでいま旬の記事を読んでいた月夜が呟く。

「夏でうすぎになるからね~」

「イブキとかタンクトップでバ~ンってだしてるときあるけど気になんないの?」

「う~ん……あんまし、見られるコトにもテ~コ~ないし」

「はぁ~。手入れに気を使ってんのか~」

「ん? イブキさんいっかいもワキの手入れなんてしたコトないよ」

「へ!?」

「イブキさんそんなに毛深くないし、どこもツルンツルンだからなんにもしてないよ~」

「へ、へ~」

「――うわ~ワキが気になる男性のなかではんぶんイジョ~がガッカリけいけんアリなんだ」

「うっ! えっ! あぁ……そうなんだ……」

 イブキの言葉であからさまに挙動不審になっていく月夜。

「やっぱしイマドキの女子ならそ~いうトコはきつうよね~?」

「う、うん。そ、そうだね……」

 月夜の様子に気づいたイブキがジト目でジ~っと見た後――

「よし! 月夜とりあえずウデあげてみようか~」

「えっ!? ダメダメダメダメダメダメ――あ、明日ね明日ならイイから」

「いや~今でしょ!」

「ふるッ!」

 記録的な猛暑中でも二人はいつも通りだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます