ちょ~じく~よ~さい『遼寧』

 いつものバス停にて――


「月夜、月夜――!!」

 現れるなりいきなりテンションMAX状態のイブキに多少戸惑いの表情をみせる月夜。

 しかし、そんな月夜の様子にお構いなく――

「タイヘンだよ、イチダイジなんだよ!」

「わかった、わかった」

「くぁwせdrftgyふじこlp」

「言えてないからっ! 落ち着こ、とにかく1回落ち着こ」

 イブキを宥めながらタイミング良く飲んでいた野菜ジュースをイブキにも飲ませる。

「中国がね、ヘンケ~する空母をつくったんだって!!」

「……………………………………ふ~~~~~~~~~ん………………………」

 ものすっごい冷めた目に心底ど~でもいいといった雰囲気を出しながら月夜は答えた。

「なんで! なんでそんな反応なの!? ヘンケ~だよヘンケ~! 超時空要塞だよ! きっと中華キャノン撃ってくるよ!」

「いや……割と……いや……かなりど~でもいいかな」

「なんで、なんで!? 先行者を作った中国だよ! きっとあのヤル気のない顔とガラタクタ部品でヘンケ~すんだよwktkだよ!」

「ワクもテカもしないな~……アンタもそんなに興奮しないでホラ」

 そういってもう一回、飲んでいた野菜ジュースをイブキにあげる。

「あっ!」

「なに? こんどはなに?」

 イブキは頬を朱に染めると恥じらうように……

「月夜と間接キスしちゃった」

 そろそろ月夜の我慢が限界値を突破しそうな日であった。

















 そして、後日――

「ねぇねぇ。おとーさん」

 イブキが食事中に父親に前聞いたことを尋ねる。

「このまえ言ってた中国の空母がヘンケ~するって話し――へっ!? 金属疲労で変形? 最新鋭の空母で竣工2年なのに金属疲労で変形するっておかしな話しだよね? ってコト?」

 それを聞いたイブキは――

「おと~さん夢って儚いモノなんだね……」

 何かを悟って少し大人になったイブキだった。



『先行者』わからない人がいたら『先行者』で検索してみてください。ヤル気のない表情のロボットの画像が出てきたらソレです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます