うなぎゅ~

 いつものバス停にて――


「ねぇ、イブキ」

「なぁに~?」

 月夜は持っていたチラシを指しながら、

「今日帰りさ、食べていかない?」

「いいけど…………ギュードン?」

「んふっふっふっふっふっふ――28日からウナギ始まってんだよ~ウナギだよウナギ、ニュルニュル~」

「なんか今日の月夜ちょっと変!?」

「だってウナギだよ、ウナギ~」

「イブキさんはそこまで好きじゃないから……そういえば」

「ん?」

「ウナギって海のモン? 山のモン?」

「ゐっ!? た、確か海だった気がする……」

「ふ~ん」

「確か出世する」

「出世すんの!? うちのおとーさんだってしないのに!!」

「確かシラスウナギ→アナゴ→ウナギ→ウミウシって感じに出世していって、最後のウミウシを使ったのがウナギュウになれる!」

「そうなの!? 時間かかってんだ~」

「そうなんだよイブキ。だから味わって食べないとね~♪」


 始終、ハイテンションの月夜という珍しい日だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます