うぇぶかめら。

 いつものバス停にて――


「ふ~ん……いまウェブカメラが危険か……」

 いつも通りスマホを見ての呟きは、イブキではなく月夜だった。

「まあ、ウチみたいな喪女には関係な――!」

「甘い! 甘いよ月夜!」

「あ! イブキおはよ~」

「うん。おはよ~」

 ニッコリと笑顔で挨拶を交わす二人。

「じゃなくて! 甘いよ月夜」

「なにが?」

「知らない間にパソコンの中に遠隔操作型ウィルス仕込まれてウェブカメラ通して全世界とか配信されちゃってもいいの!!」

「いや~ウチにそんな魅力ないから~」

「ふむ……」

 イブキは月夜の足元から頭のてっぺんまで見たあと、

「長くて細い脚――」

「ちょ――視線がちょっとイヤらしい」

 スカートの裾を押さえる月夜。

「腰もすっごいくびれてるし、弓道で上半身鍛えてるから胸もおっきんだよね月夜って、顔はちょっとキツそうな雰囲気だけどそれがまたイイとかって男子も多いし……」

「でもウチ、コクられた事ないよ」

「う~みゅ……じゃ、ナニが悪いか考えてみよ~。そういえば月夜って好きな男子いないの?」

「え! いや……とくにそういう人は……」

「じゃあさ――もしコクられたらどうすんの?」

「えっ!! え、えっと…………いきなり付き合うとかってのはナシだけど……その、いい人そうなら……お、お友達から……それで徐々にその人のことしっていって……好きになっていく……り、理想かな」

「それでイケメン抱いて!――ってなるワケだね」

「ならんわっ!!」

「う~ん。乙女だね月夜は」

「聞けよっ!」

「でも、なんで月夜モテなんだろ~? ねぇ、男子のどういう時がトキメクの?」

「トキメク? 気になるって事?」

「うん。、まあ、つい目で追ちゃうっていうか……」

「男子の気になる瞬間………………………………」































































「男子同士でくっついてる時やイチャイチャとジャレ合ってる時かな」

「そこだっ!!」

 イブキが全部理解したといわんばかりに指摘した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます