メガネ型のスマホはいつでるのだろうか?

いつものバス停で――


「ねぇ、月夜」

「んー?」

「歩きスマホが法規制されるかもしれないんだって」

「ふ~ん。まあ、歩きスマホしながら車にはねられたとか駅のホームから落ちたって話しもあるぐらいだからね」

「法規制はやりすぎなような……」

「イブキは反対なんだ?」

「う~ん……反対ってゆ~か……昔の人で歩きながら本読んでる人いたじゃない?」

「もしかして二宮金次郎の事?」

「そう、そいつ。本はオーケーなのにスマホはダメっていうのがなんか……スマホで電子書籍読んでるかもしれないじゃない」

「いや、そういう問題じゃないような。ほら二宮さんの時代には駅や車が走ってるワケじゃないし」

「え~! 本読みながら歩いてたらイノシシが突撃してきたらどうすんのさ?」

「そこはホラ、二宮パンチで」

「ニノミヤさんつぇー!!」

『(゜д゜)』

 こんな表情になって素直に信じるイブキに、

「二宮さんは文武両道で強いんだぞ!」

 ついつい調子にのってそんな事を言ってしまう月夜。

「じゃ、じゃクマ! 熊がでてきたらどうすんの? しかもこ~んなデッカイ奴、ビッグベアだよ! 研ぎ澄まされた爪の一撃は大岩も砕くキョーボーな奴」

「ふっふっふっふっふっふっふっふっふ――イブキ。二宮さんなんめなよ。そんな熊ごとき二宮パンチからキックからの――」



「ニノミヤバスターで一発よん」



「すっごーい! ニノミヤさんつよーい!!」








 ええっと……みなさんも歩きスマホには十分気を付けて。

『小説家になろう』は止まって、座って、ファーストフード店かコーヒーショップに入ってから読みましょう!












































 あ~……歩きスマホしててドブにハマった足がイテェ!!

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます