余白の隅

糖分0%

バレンタインネタの小話です











「……これは、何です?」

 魔女は思いきり顔をしかめ、テーブルに置かれたものを睨んだ。

 手のひらほどの可愛らしい包みである。ピンクの水玉模様が描かれたラッピング袋に、爽やかなレモン色のリボン。いかにも年頃の少女が喜びそうなプレゼント。

 しかし、それを差し出された魔女は、正反対とも言える地味な紺のローブを身にまとい、色気のイの字のかけらさえ見当たらない表情を相手に返していた。

 そして相手も照れた様子一つない。彼は予想通りとばかりにうなずいた。

「チョコレート」

「見れば分かりますよ。私は何のつもりかと聞いているんです」

「中身までは見えてないけど」

「見れば分かります」

 金髪の魔法使いは、いったん口を結んで椅子に腰掛けた。

「バレンタインだから」

「……バレンタイン?」

「まさか知らない?」

「いえ、知ってはいますが」

 本を閉じ、魔女はラッピング袋のリボンをちょいとつまむ。かすかな甘い香り。とうがらし茶の湯気と混ざって妙な匂いになる。

「女性が、想いを寄せる男性へ贈るものでは?」

「そうだけど、クロさんがくれることはないだろうから、こっちからあげようと思って」

「なぜそういう結論に行き着くんです?」

「俺、けっこう料理得意なんだよ。女の子に食べてもらうのが好きでさ」

「では普通の娘さんにあげてください」

 苦い顔のまま魔女が突き返すと、彼はそれをさらに押し返した。

「いや、これクロさん用だから」

「せっかくですが、甘いものは嫌いなんです」

「だと思った」

 魔女は怪訝そうに彼を見上げる。嫌いだと思っていたなら何故、と問いたいのだろう。

 彼女の手から湯呑みを奪い取ると、魔法使いはひどく真面目な顔で告げた。

「甘いものを摂取して、せめてもう少し性格をまろやかにしてください」

「……………」

 魔女は無言で立ち上がり、背後の戸棚から小瓶を取り出した。ふたを開け、中の赤い液体をもうひとつの――つまりは魔法使いの湯呑みに、どぼどぼと注ぎ込む。

 元々赤みの強かった茶が、トマトのような色合いに染まった。

 魔法使いは汗をにじませ体を離す。

「……クロさん、それ、タバ――」

「あなたが辛いものを摂取して、もう少しその性格を刺激的にしてくださったら、考えなくもないです」

「……………」

 ――赤い。

 紅茶でもハーブティーでもないというのに、赤い。しかもそれらのような透明感のあるレッドではなく、濁った赤茶色である。臭いも鼻が曲がりそうなほどひどかった。もはや甘い辛いなどという次元を超えているに違いない。

「……………」

 魔法使いは恐る恐る湯飲みを手に取った。が、胸の高さまで持ち上げたところで、動きを止める。しばらくの逡巡、睨み合い。湯呑みを支える手が震えている。

 彼は結局敗北した。

 渋々魔女に湯飲みを返還する。

 魔女は涼しい顔で自分の茶を受け取り、飲み干した。

「……せっかく作ったのにな」

 ぽつりと敗者の嘆きが漏れる。

「……………」

「せっかくクロさんのために作ったのにな……」

「……うるさいな。あなたは女ですか」

「女でも男でも、自分の作ったものを拒絶されたら傷つくだろ!?」

 ついに彼はさめざめと泣きはじめた。

 魔女はうっとうしげに眉をひそめたが、無視を決め込んで本に集中する。

 しかし女々しい訴えはしつこかった。

「クロさんのために作ったのに」

「……………」

「頑張って作ったのに」

「……………」

「ちょっとくらい食べてくれてもいいのに」

「……………」

「せっかく甘さ控えめにしたのに……」

 魔女の忍耐はとうとう限界に達した。

 勢いよく本を閉じ、チョコレートに鋭い一瞥いちべつを投げる。

 ボン、と袋が発火した。

「わー!? ちょ、ひでぇ! あんまりだ!」

「本人を燃やさなかっただけ慈悲を感じてください!」

 まったく無糖の口調で言い切られ、魔法使いは肩を落として席を立った。黒焦げのチョコレートを未練がましく見つめるが、当然元には戻らない。彼は叱られた仔犬のようにとぼとぼと家から出ていった。

「……まったく」

 冷たい眼差しで彼を見送ったあと、魔女は片手を宙に差し出す。

 その手のひらに、ぽすんと小さな包みが落ちてきた。可愛らしいピンクの水玉模様。レモン色のリボン。

 魔女はリボンをほどき、中から一口サイズのトリュフチョコをつまみ上げた。濃厚な香りがふわりと広がり、眉根を寄せる。

 嫌そうな表情でそれを口に放り込んだ。

 眉間のしわが深くなる。

「ぅあっま」

 甘さを吐きだすように舌を出すと、魔女はとうがらし茶を求めて台所へ急いだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます