2-8

 石をパンに、水をぶどう酒に。ダンが幼い頃に教会で聞かされ育った、救世主メシアの奇跡の御業みわざ。その事をぼんやりと思い出す彼は今、酒に酔い潰れていた。水のように飲まされてしまったから。


「少年、大丈夫かね? 汝がこれほどまでに弱いとは知らなかったぞ」


 泥酔でいすいの元凶が今、ダンには輪郭がにじんで見える。


「しょうがないじゃ、ないですか……だって……」


 ダンは酒を飲むのは、生まれて初めてだったから。

 体が燃えるように熱いのに、全く力が入らない。

 努めて陽気に振舞われた酒宴が終わり、一人、また一人と自分の部屋へ乗客が帰ってゆく。彼等彼女等を見送りながら、アナエルは自分の契約者に溜息をついた。


「やれやれ、では私が守護天使の務めを果すとしよ――」


 ダンの身が不意に起こされ、僅かに軽くなった。しかし未だ、アナエルは右手にグラス、左手に酒瓶である。

 甘い体臭を感じて、ダンは間近にリーチェの顔を振り返った。


「では、私は飲みなおすとしよう。リーチェ、適当に部屋に放り込んでくるといい」


 天使の乾杯に見送られて、ダンはリーチェに肩を貸されながら歩き出した。おぼつかない足取りで。

 食堂車を出るともう、客室が並ぶ廊下は明かりが落とされていた。しかし不便は無い。足元に灯る誘導灯もあるが、何より眩しい月が夜空に輝いているから。


「すみません、こんな……重く、ないですか?」


 リーチェは静かに、ゆっくりと歩く。ときどきよろめきながらも、ダンに寄せて密着させた身体を離そうとしない。

 華奢きゃしゃな肩に回された手に、思わず力を込めそうになるダン。このまま抱き寄せたい。接する面積を増やして、行き交う体温をもっと味わいたい。

 うまく思考が結べぬ頭に代って、胸中を巡る浮き足立った気持ちが強くなるのを感じた瞬間。カンカンと鳴る踏切を通過して、僅かに列車は揺れた。外の景色は一瞬だけ、寂れた寒村を映し出し、無人の駅が高速で後方へと飛び去ってゆく。

 体勢を崩した刹那、ガラスの窓に咄嗟にダンは手をついた。結果的に彼は、胸の内にリーチェを見下ろし呼吸が止まる。両腕の間で切なげに、リーチェはうつむき視線を逸らした。

 長い間そうして、二人は彫像のように固まったまま。どちらも再び歩き出そうとしない。


「リーチェ……!」


 気付けばダンは唇を寄せていた。だが――

 不意に、固く瞳を閉じて顔を背けたるリーチェ。

 余りに突然の、予期せぬ反応にダンは驚いた。その脳裏を、あの夢の光景が何度も過ぎる。

 カーテンの隙間から朝日を浴びるベッド。打ち捨てられたような肢体。白い肌。紅いゼロ……罪の記憶が断片的に浮かび上がり、それが夢かうつつかも解らぬままにダンへ呼びかける。それはお前の罪だ、と。

 それは反射的な反応だったのだろう。少し間を置いて、ハッと瞳を開くと。拒んだ事を詫びるような視線で見詰めてくるリーチェ。

 しかしダンは見てしまった。リーチェの双眸そうぼうに浮かぶ怯えの色を。


「す、すみません……もう、一人で歩けますから。すみません……」


 咄嗟に身を離したつもりだったが、酒の回った身体は鈍重で。グラリと世界が揺れて、ゆっくりとダンは逆側の壁にもたれかかった。心配そうに伸べられるリーチェの手を、思わず振り払いそうになるダン。

 しかしダンは力なく、黙ってまたリーチェの肩を借りて歩き出す。彼の脳裏を、一人の男の存在が過ぎった。

 リーチェの約束された幸せを握り潰し、ずっと己の手の内に閉じ込めていたファミリーのボス。リーチェから声さえも奪った男と今、同じ事をしようとしたのではとダンは己を恥じた。

 そして疑念はより強くなる。既にもう、ボスと同じ事をリーチェにしてしまったのでは、と。

 二人は先程とは温度の違う静寂を連れて、黙って自分達の部屋を目指した。

 やがて、二人を今夜別つ扉の前に到着する。


「じゃ、おやすみなさい……さっきはほんと、すみませんでした」


 未だ馴染なじまぬ部屋の鍵をポケットから取り出し、アナエルに何度も教えられた通りドアノブの横に差し込む。一連の操作をもどかしげに終えると、ダンはリーチェを見ずに部屋へと消えた。

 最後にリーチェが何か言いたげに口を開いたが……その声がダンに伝わる事はなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます