始まりのエリュシオーネ.08

 巨大ロボットをただ立たせているだけと言うのは退屈だったが。オペレーターとのお喋りをしばし楽しんだ後、リヴァイウス共和国軍のクリスチャーノ=ナヴァーノ大尉は優秀な軍人として忙しく働いていた。

 敵であるファフナント皇国が現れるまで、彼にはすべき事が山積みで。今もこうして、予想される戦闘パターンのシミュレーションに余念が無い。何しろこれから、巨大ロボット同士での有視界戦闘という愚挙を演じる羽目になるのだから。それは宇宙開闢かいびゃく以来、どんな認定戦争でも指定されなかったスタイル。

 しかし任務とあらば、クリスチャーノは真剣に取り組む。ナンセンスだと呟きながら。


「ふむ、こんな所か。後は地球人の解釈に期待し……来たかっ!」


 突如コクピット内にアラートが響き、高熱源体の急接近を告げる。即座にデータを収集して解析すれば、自ずとそれが皇国の認定戦争用地球人類心証良好兵器にんていせんそうようちきゅうじんるいしんしょうりょうこうへいきだと知れた。

 すぐさま臨戦態勢を取るなり、シートに深く座りなおして。クリスチャーノは《あ、今ロボットの目が光りました!》と騒ぐ地球の放送を切る。それは飛来した皇国こうこくくれないに輝く機体が、数ブロック先の交差点へ静かに舞い降りるのと同時だった。蜘蛛くもの子を散らすように、地球人が慌しく逃げ惑う。


「……メインモニターの不調か?それともCG補正プログラムにバグがあるのか」


 初めて眼にする敵を前に、クリスチャーノは暫し絶句して。先ずは己の機体を疑ったが……残念な事にシステムはどこにも不具合が無い。つまり今、彼が見ている画像はありのままという事になる。

 眼前についにその姿を現した、皇国の認定戦争用地球人類心証良好兵器。それはクリスチャーノがガンダスターと名付けた機体の、何倍もナンセンスな姿だった。

 機体の各所に装着された真紅の装甲は、その継ぎ目から覗く白い肌を際立たせる。人型と言うよりは人そのもの、黒い長髪を風になびかせる姿は正しく可憐な少女で。鋼のドレスを纏った巨大な乙女は、唖然あぜんとするクリスチャーノの前でポーズを取ると高らかに叫んだ。


はがねのエリュシオーネ、見参っ!」


 その容姿に相応しい、年頃の澄んだ声……回線を通さぬ肉声が周囲に響き渡った。当然、それは地球人の耳にも入っただろう。

 突如二体目の巨大ロボットが現れ、それは見目麗しい姿で声高に自ら名乗った。ナンセンスだと呟きながらもこの認定戦争の勝利条件を思い出し、クリスチャーノは舌打を一つ。


《大尉、応答願います。敵が、皇国側が名乗りました。こちらも》

「駄目だ伍長、何と名乗ればいい?この状況下で地球人の心証に訴える事は不可能だ」


 既にもう地球人達は、軍と警察に誘導されて避難を開始している。向かい合う二体の巨大ロボット同士による戦いを必定ひつじょうと見ているのだ。あるいは期待しているのか。どちらにしろ、クリスチャーノがいかに正々堂々と戦おうと、あそこまで露骨にアピールする事は不可能。


「地球人との接触は協約違反にあたるな、伍長。どう思う?」

《はい、しかしあの声は大尉、我々へと向けられた物と戦争管理局は判断するかと》

「だろうな。伍長、私は戦闘に集中する」

《了解!御武運ごぶうんを、大尉》


 操縦桿を握り、周囲のパネルへ忙しく目線を走らせながら。クリスチャーノは腹をくくって防戦に徹する事にした。

 鎧というよりは衣服をまとった華美かびな敵を前に、ガンダスターはいかにも兵器然とし過ぎている。その姿はヒロイックな外観ではあるが、手に持つ銃は兵器特有のおぞましさを際立たせていたから。此方から手を出せば間違い無く、悪役のそしりは免れないだろう。


「これはしかし、私の軍人経験の中でも最悪の状況だな。まるで悪い冗談だ」


 そう独り言ちてしかし、危機に際して心は躍る。クリスチャーノの体を流れる軍人の血が、絶望的な戦況を前に燃え滾った。思考はクールに、しかし心は熱く敵を凝視する。自分にもこれくらいの年頃の娘が居てもおかしくない、そんな姿のエリュシオーネを。


                  ※


『今のはいいの?エルベリーデ……あ、あれ?やだ、どうなってるの?』

(問題無い。落ち着けエリ、戦闘モードでは主導権が逆になるのだ)

『そうなんだ。って高っ!私ってば、こんなに大きくなっちゃって』

(戦闘モードのエリュシオーネは全高四十七メートル、自重は……)

『ま、待って言わないで!聞きたくないわ、今の自分の体重なんて』

(そうか、まあエリはそこで見ているといい。地球は私が、このエリュシオーネで必ず守ってみせる)


 頭の中に声が響く感覚。それを今、念話でこたえるエルベリーデは感じているのだろうか。二人は今、普段の生活とは立ち位置が逆転していた。言われるまでも無くこうなると、見ている事しか出来ないエリだったが。視界の隅に時々映る、己の姿が気になって仕方が無い。


『ねえ、エルベリーデ。この服……』

(レイヤードアーマー!皇国最新鋭の科学技術を結集した積層型超合金装甲せきそうがたちょうごうきんそうこうだ)

『そ、そう。で……何で微妙に露出度が高いの?太股ふとももとか二の腕とか』

(エリュシオーネの外観は、地球人が好感を持って感情移入出来るように私とヨシアキが可愛らしくデザインしたのだ)


 確かにその姿は、地球人のハートを鷲掴わしづかみにするだろう。極一部の地球人限定で。

 全身に装着されたレイヤードアーマーは、華奢きゃしゃで細身のシルエットを全く崩さず。腰のくびれや胸の膨らみを逆に強調している。膝上ギリギリのスカートの、分割されたパーツの隙間からは、白い肌の太股が時折垣間見かいまみえた。二の腕に至っては丸出しで、長い黒髪が棚引く頭部にも装甲は何も無い。


『まあでも、確かにこれは有利か。女の子を撃ったりすれば、何か悪役っぽいもの』

(うむ、加えてこのエリュシオーネには表情もある。地球の為に戦う可憐かれん戦乙女いくさおとめ、それが鋼のエリュシオーネだ)

『少しやり過ぎって感じもするけど、まあいいわ。じゃあ、可憐に戦って頂戴ね』

(無論だ、行くぞエリュシオーネ!)


 眼前のガンダスターもどきが、左手の盾をかざして身構える。その姿は素人で一般人のエリが見ても。兵器特有の物々しさが感じられた。

 比較対象がエリュシオーネでは、いかな人気アニメの主役ロボットをしても相手が悪い。そう思うエリはしかし、遂に直接戦闘に突入した次の瞬間、またしても度肝どぎもを抜かれるのだった。


「覚悟しろ、にせガンダスター!唸れ鉄拳、コメットォォォー・ブロォォォーッ!」


 不意にエリュシオーネは右手をかざすと、エルベリーデの絶叫と共に勢い良く相手へと突き出す。空を切る拳はしかし、火を吹き白煙を巻き上げて……肘から先が突然切り離されるや、勢い良くガンダスターもどきへと吸い込まれて行った。


『なっ、何よ今のは!?』

(ああ、偽ガンダスターというのは、原作アニメの二十八話に登場す)

『そこじゃないわよ!私の右手っ!』

(コメット・ブロウはエリュシオーネに装備された固定武装、いわゆる普通のロケットパンチだ。安心しろ、左にもあるっ!)


 続けて一歩踏み出せば、アスファルトが足元で僅かにくぼむ感触。それに構わずエルベリーデは、エリュシオーネの左手も突き出す。

 微かな反動を残して放たれた左の拳は、初撃を盾で防いだガンダスターもどきの側面に回り込み、強烈な一撃を頭部へお見舞いした。その巨躯きょくは大きく揺らぐも、辛うじて踏み止まる。

 その隙に地を蹴って駆け出すエリュシオーネ。彼女は……正しく彼女としか形容出来ないエリュシオーネは、左右の腕が戻ってくるなり大きく身を屈めてぶ。両者の間に横たわる青森ベイブリッジを一足飛びに、空中で両腕と合体すると。見上げるガンダスターもどきへ向って、エルベリーデは再び叫んだ。


「これで決めるっ!超絶!エリュシオーネッ、キィィィック!」


 重力を振り切り天高く飛翔ひしょうしたエリュシオーネは、宙空ちゅうくうで反転して身をひるがえすと。そのまま眼下のガンダスターもどきへと急降下。

 余りのネーミングセンスに呆れながらも、エリはこの時確かにエルベリーデに富矢由亜季トミヤヨシアキを感じた。そして見る……ガンダスターもどきに飛び蹴りを喰らわせる自分の姿を。青森観光物産館あおもりかんこうぶっさんかんアスパム、その三角形の建物の硝子ガラスに映るエリュシオーネの容姿は、その顔は……七年前に富矢由亜季と親しかった頃の、まだ髪を伸ばしていた高校三年生の自分その物だった。


                  ※


 全く予想だにせぬ攻撃の連続。何の武器も携えずに現れた敵機は、事もあろうか両の拳を投げ付けて来た。そればかりか、空中から飛び蹴りまで放ったのである。その全てをえて受けて見せながらも、クリスチャーノは冷静だったが。

 高度な文明を誇る宇宙の大国、リヴァイウス共和国。それに対するファフナント皇国はしかし、辺境の小国ながらも同程度の科学技術を有しているらしく。防御に徹して身を亀にしながらも、クリスチャーノは相手の……エリュシオーネのデータ採取とその解析に集中していた。


「しかしナンセンスだ……それはいい。問題は地球人の目にどう映るかだが」


 かろうじて飛び蹴りを受け切りさばくと。そのまま大地を震わせ着地するエリュシオーネの、大きなモーションのパンチが襲い来る。

 実際、容易に回避出来る速さだったが、クリスチャーノは咄嗟に機体を安定させると、もっとも装甲の厚い胸部でそれを受け止めた。コクピットに激震が走り、モニターがノイズで一瞬点滅する。

 こうしてやられ役に徹する事で、少なくとも好戦的であるという印象は払拭ふっしょく出来ないだろうか?しかし、現実には彼の所属する勢力は地球の侵略者で、彼の乗る機体はその為の侵略兵器……その事実は揺るがない。


《大尉、反撃を!》

「駄目だ、あれは撃てない。君は少女が目の前で撃たれたらどんな印象を受ける?」

《しかしこのままでは》

「駄目だと言っている!いや、無理なのだ……取りあえずデータは可能な限り収集した。撤退を旅団長に進言して欲しい」


 取りあえず何をおいても、右手に握る銃が最大のネックで。殴る蹴るといった、原始的な攻撃をわざわざ全部受けながら、クリスチャーノは素早くガンダスターを操作。先ずはその銃を腰部のマウントラックへと懸吊けんちょうする。彼はこれで、交戦の意思が無い事を示したつもりだった。しかしそれでも、エリュシオーネの稚拙ちせつな猛攻は止まらない。


「ダメージコントロール!くっ、持つのか!?」

《大尉、これ以上は危険です。装甲が持ちません!》

「周辺に破片が散らばったりは?協約違反になる、やれているな?」

《はい、ガンダスター本体から剥離した装甲は自動的に消滅します。ご安心を!》


 協約上、地球人へのあらゆる接触は基本的に両軍とも禁止されている。ガンダスターの装甲片でも周囲にばら撒けば、それだけで重大な協約違反だった。それは地球の文明にとっては未知の合金。本来あるべき地球人類独自の進歩を歪めてしまう……故にガンダスターを構成するパーツは全て、ミクロン単位での自己消滅機能が備わっていた。

 オペレーターに確認を取りつつ、クリスチャーノは巧みな操縦でガンダスターを操る。歴戦のエースパイロットである彼は、この短い時間で既に、人型機動兵器ひとがたきどうへいきの操縦を掴み始めていた。後は撤退命令を待つだけだったが、それが下されない場合は……このまま未開の地で久々の敗北を喫する事になる。そうと解っていても、彼は決して反撃をしなかった。

 明確な勝利条件が提示された認定戦争で、それに不利となる行動はつつしむ。それが彼の世界の軍人の常識。既に何割かが死んだモニターを凝視して、覚悟を決めつつ最善の努力をはかるクリスチャーノ。その時突然、場違いな拍手が彼の耳朶じだを打った。


《あっ、あの……困ります、今は作戦行動中で》

《ちょっと借りるよ、お嬢ちゃん。あーあー、テステス、マイクテス》


 拍手に続いて、オペレーターと短いやり取りの後にマイクを奪う謎の声。クリスチャーノは既に自立も困難な程に痛めつけられた自機を懸命に支えながら、緊張感に欠く男の声を聞いた。


《ゴホン!大尉、撤退だ。いやしかし、君は賢明な男だね……助かったよ》

「了解……それは軍の正式な命令なのですか?私は貴君きくんのような上官を知りません。そもそも貴君は軍の人間なのですか?失礼ですが官姓名かんせいめいを……」


 通信の向こう側で押し殺したような、しかし嬉しそうな笑い声。その奥ではオペレーターの抗議が聞こえる。脱出の機会をうかがいながら、クリスチャーノは謎の男を問い質した。彼はどこまでも軍人という職務に忠実だったから。正規の命令系統では無いと感じれば、その確認をおこたらない。


《オイラはそうだな……お友達だよ、ヨシアキの。例の地球人のお友達さ》

《特務大尉!正式な撤退命令が出ました、帰還して下さい!》


 マイクを奪い返したオペレーターの声と同時に、初めてクリスチャーノはガンダスターに積極行動を命じる。頭部のツインアイを輝かせて、ガンダスターはその巨体を難なく宙空へと飛翔させる。

 小さく消えゆくエリュシオーネの姿をにらんで、クリスチャーノはフットペダルを踏み込んだ。ガンダスターはスラスターを吹かせて光の尾を引き、天高く舞い上がる。それは見せかけの演出で、実際は重力制御で飛んでいるのだが。


「逃がすかっ!マキシマァム・ノヴァァァッ!」


 気勢を叫んでエリュシオーネが身構える。その姿を後部警戒カメラが捉えた時、クリスチャーノは全力で回避行動を取ったが。

 まるで舞を踊るように、長髪をなびかせて両手をかざすエリュシオーネに、集束する高エネルギー反応を検知。けたたましい警報を聞くと同時に、その手から放たれた光の奔流ほんりゅうが、彼のガンダスターを飲み込んだ。

 ホワイトアウトする視界の中、必死に操縦桿スティックを押し倒しながら……クリスチャーノは何故か、とある件に関する答を得て納得していた。やはり共和国は皇国の戦略オブザーバー、地球人を拉致らちしたのだ、と。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます