あとがき

 拙作「プラクティス・クエスト」のtxtファイルのタイムスタンプは、2009年4月……確か、電撃文庫大賞に送った記憶があります。今になって読み返すと、気恥ずかしいですね。そして、文章力が当時からあまり変わっていないことがガチ恥ずかしいです。

 他にはやはり、やたら漢字を使いたがってますね……これはフリガナを入れた以外、当時の原稿をそのままUPさせて頂きました。実は漢字は、必要に応じて開く(ひらがなで表記する)方が読みやすいです。「良くあることです」とか「一緒に居ます」とか、なんでも漢字にすればいいって訳でもないみたいです。これは後年、自分が勉強したことの一つですね。


 さて、拙作「プラクティス・クエスト」ですが……こういう形で一話完結式に続きます。最後はハッピーエンドになるんですが、これは何がどうなるとハッピーなんでしょうか? 魔王ラドラブライトは明らかに死にたがってますし、さらわれてきたシトリ姫は、物心ついたころからダンジョンと化した魔城しか知らない生まれと育ちです。80年代のテレビゲームのRPGを意識した作りですが、こういう世界での幸せとはなんでしょうか。色々と考えさせられますが、とりあえずハッピーエンドで書いた記憶があります。読み返して確かめるのは…流石に勘弁してほしいですね(笑)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます