voice

水の音

理解してはいけないような感覚

脳みそは思考を途中で切らして

これ以上はやめときなさい

そう自分で自分に諭される

机の引き出しみたいに

ぐちゃぐちゃになった中途半端

それは所謂がらんどう

さよーならって言葉すら

出すことできないそんなわけ


水の音

理解してはいけない感覚

それでも何とか知りたいと

知ってしまえばもう、もう、もう。

戻ってこれない気しかない

それでもそれでも知りたいと

彼が何を考えて

何を想って遺したのか

言葉を捕まえ引き留めて

固めた声のレコオドに

私も共に送りませう


ラヴレタアと水の音

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます