good-by days

月端(ナン飛ばすエイ)

グッバイデイズ

目を閉じれば彼女がいる。

赤くなった面皰にきび潰すよな感覚だ。

支配された午後五時半のローカル線。

初めて僕を理解してくれた彼女は今どうしてるかな。

彼女と仲良しのあの子は、今どうしてるかな。

グッバイマイフェアレディ、愛しい彼女。

君がいたから僕がいる。

グッバイマイフェアレディ、愛しい彼女。

愛して届かぬ愛おしさ。

馬鹿馬鹿しいと笑ってくれ、惨めな街灯立ち尽くし。

アイラヴュ呟く世迷言、

へらへら気取りゃ世捨人。


下らないと嗤っておくれ。

マイラヴ、マイラヴ、愛しい彼女。

君の中には僕がいるかい。

僕はちっとも忘れられやしない。

グッバイグッバイマイフェアレディ。

アイラヴュアイラヴュ、マイフェアレディ。


頼むよマイラヴ。


次に会うときゃ、微笑っておくれ。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます