第8話

善という『悪』。


悪という『悪』


『自然』に照らし合わせればおのずとその答えは拓く。


『生命を死に向かわせる事が『ほんらいの悪』』。


つまり『不自然は『悪』』。『自然は『善』となる』。


また,『ふたつの『悪』があるように【見方を変えれば『どちらもが【善】,』】』


『ほんとうの【善】と』

偽の善とがある。

つまりはこの世には善と『呼ばれる【悪】』と

【偽善】と呼ばれる【悪】とがある。


──この世の真実───


【善悪】と【偽善悪】

この世は『この二つの対立である』。



…かならずどちらかに分かれる。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

1300人の極道-敵の章-『呪術』編 芝野太郎 @8913

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ