第4話

『山賊』は『【再度浮上しないように】』..


…【私達もねがっています】。……

非力な私達をどうかお許し下さい。…山賊に利用されるなど…我等が仕えるのは『スサノオ』の【種族】だ。...【姫の精霊の決心ここにある】。


…【わたしたちは,】…出たくて仕方がなかった….ヤツラから。



…一を全にする物と…全を一にする者とが居ます。


..私達は『全に入るべき』なのに. . . .



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

800人の極道『姫』編 芝野太郎 @8913

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ