第2話

ーエピローグー


. .【『お茶を飲みながら話す』】


…もはや『ヤマトの誇り』は【滅んでいます】。


…【スサノオに助けられたところから....】


『…我々は『スサノオの一族』に生まれ変わったのです。【それを】,『今から【名乗ろうもの

とは….恥ずかしい】』』


『(我らは心は1つ。…元から一心同体のはずだ)。』


…『【ただ力を利用する為だけに生まれた種族….『山賊』】』


【【人の思念】/【歴史】を利用した【恋の精霊】を【着飾った…】そして『嘘をついた』】


【八人の巫女…『姫』を『いつも裏切る』【種族】です….】

…【私達を…『念を逆らえないのを良い事に』,【宿して】,【侮辱する.】….】


【霊的犯罪者】。…捕まえるのは,『巫女』にするべきだな。…



未だに騙されるとは…人間には見る目がない。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます