800人の極道『姫』編

芝野太郎

第1話

~プロローグ~


..『【すみませんでした。…】』巫女のような姿をした『その姿』は,七人の巫女─【姫の精霊】


『…このような新参者が後を経たない…』


『もはやヤマトの一族は滅んでいます』


『私達の力が足りないばかりに…こんな事を….手伝わしてしまって…本当に申し訳ありません。』

…と言って頭を下げる【巫女】。


…『山賊の一族』

【姫の聖霊を冒涜し,『新しく』『成り替わる』事をモットーに展開する『詐欺師』。…】


『犯罪者』。…【名義】を名乗る『その姿』は,『まさにカマキリに寄生するハリガネムシそのままだった…』



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます