陽子の場合

 夫の奏太と暮らしていた家を出てもう2ヶ月になる。

 結婚と共に奏太に付いてこの街に来て4年。1人になると、こんなにも寂しい街だったのかと実感する。


 離婚の原因は、たぶん陽子だった。陽子は自分が結婚に向いていない人間だと、かなり若い頃から悟っていた。けれど、人並みに愛情はある。この人なら大丈夫だ、と選んだ相手が奏太だった。

 

 奏太も分かっていてくれているはずだった。

 陽子は、神経質なまでに妊娠をしないように気を配った。ピルを処方してもらい服用し、行為の際は必ずコンドームを着けさせた。基礎体温を正確に記録し、妊娠の可能性の高い日は絶対に行為を拒んだ。


 「子供は欲しくないの。自分の時間が無くなるのが嫌だから・・それでもいいの?」

 付き合って2年になる頃、奏太にプロポーズされた夜。1番はじめに出た言葉がこれだった。

 奏太は

 「陽ちゃんがそれを望むなら構わないよ。子供の為に結婚したいんじゃない、陽ちゃんと結婚したいんだから。」

 そう言って抱きしめてくれたのに。


 

 明後日、この家をも出る。地元に帰る事にしたのだ。思い出を抱えたまま知らない街に居続けるのは、とても辛い。


 6人にはまだ離婚を伝えていない。帰るのが少し怖い。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます