終わりに

 催眠の危険性は理解していただけただろうか。実際に催眠を扱う職として、マジシャンや、臨床心理士、精神科医などがあげられるが、どれを取っても特殊な業であるということはお分かりいただけるだろうか。現代では気軽に催眠に関する本などを買うことができるが一歩間違えれば人を傷つけることとなる。

 催眠音声だって実は眠ったまま目覚めなくなってしまう恐れがあるということを充分に理解してほしい。これを読むことで催眠に対して安易に学ぶものが減ることを切に祈る。



 最後にブアメードの血はなぜ実際に行えたのかということに少しだけではあるが触れておきたいと思う。

Holes I Spinyは「捕虜が条約で守られていると言っても実際には拷問などが行われ情報を吐くことを強要される。このことから実験に参加することで楽に死ねるならそれでいいと強く思ったことから亡くなったと考えられる」と述べている。

 戦争中でなおかつ捕虜であるという極限の状態に死を希望とすることで救いを見出したのかもしれない。だが真相は闇のままである。

 またHoles I Spinyに関しても触れておこう。1960年の学会にては発表した後、逮捕されたがブアメードの血に関しての罪は問われなかったとされている。前話でも述べたが、殺人罪にも殺人未遂にも問えないからである。ただし、Holes I Spinyはマッドサイエンティストであると言えるだろう。ブアメード以外にも多くの人体実験を行なったとされているからだ。逮捕され、釈放された後の彼がどうなったのかは定かではない。一説によると今もなお生きており、世界のどこかで催眠術を教えているというものがある。また逮捕された後、秘密裏に処刑されたという説もある。


 Holes I Spinyを知るものの間では彼もしくは彼の弟子が存命であるという説が有力である。なぜならとある学会の時期になると彼が発表した学会あてに手紙が届く。その裏に書かれているのは・・・

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る