第13話 その名は月子


 短い足を投げ出して

 つやつやと黒い肉球が天を仰ぐ。


 規則正しく上下する

 ぽってりとした幸せなお腹。


 うっすら開いたまぶたで

 ぐっすりと眠る彼女は


 来月13歳になる

 お茶目なミニチュアダックスフンド。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます