豚の国

作者 河童Δ

33

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

目を背けたくなる場面から始まる本作。
ダークファンタジーの中でも、暗黒の要素は濃い目。
しかしながら、読むにつれてタイトルの意味を理解できたり、戦闘描写は鬼気迫るものがあり、魅力が多い作品であることは間違いない。

そして、伝達に優れた表現力で場面の一つ一つを丁寧に書いてくれているため、非常に読みやすい。文章を目で追っていると、頭に景色が浮かんでくる。

ただ、注意してほしいのは残酷な場面が多い。
なので、読む人は選ぶだろうな、ということ。

けれど、興味が少しでも湧いたら、読んで欲しい一作だ。

★★ Very Good!!

自称ダークファンタジーが流行りなのかは分かりませんがセルフレイティングに当てはまるのだろうか?と感じでしまう作品が多いカクヨムでは数少ない、本当にダーク要素を孕んだ作品だ!と読んでいて嬉しくなりました。
その要素も個人的には中量で重過ぎず軽過ぎず。
本当に読みやすい要素量でした!
物語の核となる歴史の視点的動きがしっかりと練りこまれているようで、骨太な背骨の存在を感じることもでました。
まだまだ物語は途中のようなので、これからも楽しませていただきます!