『デビルマン』について

作者 平 一

32

13人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

今でこそ、知られている『デビルマン』は当時の時代を想像すると、これほど異質だった物語はないでしょう。

ヒーローが悪を倒すことが主流に置かれていた時代に、作者は時代に逆行するような物語を作り、それが評価された数少ない一人だと思います。

私達も物書きを目指しているのであれば、筆者のように好きな物語のどこがよかったのか、またどこを真似ていけばいいのか考察する必要があります。

僕はこの作品を読んで、デビルマンをきちんと読んでみようと思いました。それくらい筆者のエネルギーを受けたからです。

もしよければ、こちらの作品を手に取ってみて下さい。


きっと、新たな『デビルマン』に出会えることでしょう。


次の話にも期待して、星3つ送らせて頂きます。

★★★ Excellent!!!

ただ一つ
私に言えることがあるならば

『ハレンチ学園』などの作品批判に対する免罪符

でないことは

『けっこう仮面』の正体が読者にも知らされず
最終話で確定する事でも読み取れるのではないだろうか?

先生(永井豪)の愛すべきアイデンティティ
と私は称賛するwww