ごく当たり前な日常 十四

 市川駅前 飲み屋街 表通り


 彼女は歩き続ける。


 この異常な光景を目の前にしても。


 彼女は辺りを見回す。


 そこには人、また人、そしてまた人。


 時刻は午前1時。


 彼女にとって、この場所は既に見慣れている光景に過ぎなかった。


 彼女にとって、この場所は『天国』でもあり、『地獄』の場所でもあった。


 そして彼女にとって、この場所はもう自分の一部なのだと。


 彼女はこの場所を愛している。しかし憎んでもいる。


 表では明るくても、裏では暗く、暗い暗いこの場所を。


 彼女にもこの場所のように表と裏の顔が存在する。


 To Heavenのキャバ嬢麗華れいかという表の顔と、清水しみず花蓮かれんという裏の顔を。


 此処ここは、清水花蓮の人生逆転の地でもあり、キャバ嬢麗華の誕生の地でもあった。


 彼女はこう思っている。


 今の自分があるのは、この場所があったからだ。


 けどこの場所に訪れることがなかったら、また新たな形で人生を楽しんでいるのではないかと。


 そして、自分に『心理学』を教えてくれた、あの男との出会いがなかったらどうなっていたのかを。


 現在麗華の時とは正反対な地味な格好の清水花蓮は、今目の前にある『欲望』を満たす為、市川駅南口前 ペデストリアンデッキ 3階へと久保田くぼた寿明かずあきの居る集合場所へ向かっていた。


 闖入者ちんにゅうしゃが居ることを知らずに。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます