第7話『ニアゼロ-前編-』

 直人先輩の病室に行くと、そこには直人先輩のご家族と長谷部先生がいた。そして、病床には体を起こしてぼうっ、としている直人先輩。

「彩花さん、渚さん……」

「美月ちゃん、電話をありがとう」

「いえ。連絡をすることになっていましたし。咲さんにも連絡して、30分ぐらいでここに到着するみたいです」

「そっか。分かった。それで、直人先輩は……」

 すると、みんな、黙り込んでしまった。さっきの美月ちゃんの焦りようといい、直人先輩が意識を取り戻したのにどうしてここまで重い空気なんだろう。

「宮原さん、吉岡さん。藍沢さんに声をかけてあげてください」

 長谷部先生によって沈黙が破られるけれど、彼の言葉も今のこの状況がいいものではないと匂わせる。

 でも、直人先輩と話したい気持ちでいっぱいなので、私と渚先輩は直人先輩の側まで行く。

「直人先輩、体調はいかがですか?」

「無理をしないでゆっくり休んで」

 直人先輩にそう言葉をかけると、直人先輩は私達のことを一度ずつ見て、

「ありがとう……ございます」

 小さな声でお礼を言った。

 何だろう、この違和感。敬語でお礼を言われたからかな。でも、それだけなのに直人先輩が直人先輩じゃないように聞こえる。どうして?

「あの……」

「ん? どうかした? 直人」

 渚先輩が落ち着いた声でそう言うと、直人先輩はちょっと困った表情をして、


「さっきから、皆さん……僕のことを直人って呼ぶんですよね」


 その一言に私は何も返答できなかった。

 そして、今になってようやく分かった。どうして、直人先輩が意識を取り戻したのに、さっきの電話で美月ちゃんはとても焦っていたのか。そして、この病室に入ってからずっと暗い雰囲気に包まれているのか。

「藍沢さんは記憶を失っているんです」

 長谷部先生ははっきりとそう言った。それが……全ての理由だった。

「藍沢さんは今までの記憶を無くされています。ご家族、ご友人……そして、自分自身のことさえも覚えていないようです」

「そ、そんな……」

 渚先輩の目からは一筋の涙。

 意識を取り戻したと思ったら、次は記憶がなくなっていたなんて。どうして、直人先輩から色々なものが奪われてしまうんだろう。

「彩花ちゃんや渚ちゃんのことならもしかしたら、と思ったんだけど、2人のことも直人の記憶から消えちまっているみたいだな……」

「ご家族のことは本当に何も?」

「……ああ。俺達の顔も名前も一切覚えていなかった。初対面の人間のように、深くお辞儀をして敬語で挨拶されたよ。これが本当の初対面の人間なら普通に挨拶するんだが、相手は息子だからな。どう返事をすればいいのか分からなくなっちまって、言葉を失ったよ……」

 浩一さんはそう言ってもあまり表情を変えなかったけれど、きっと心の中ではかなり悔しい気持ちがあると思う。

 記憶喪失の影響で私達に対しても敬語を使っているんだ。そして、自分のことを「俺」ではなくて「僕」という。直人先輩じゃないと感じたのも無理はないんだ。だって、直人先輩自身が直人先輩だとは思っていないんだから。

「先ほど、藍沢さんとお話ししてみて分かったことですが、高校生としての知識などはしっかりと残っているようでした。しかし、ご自身のことも含め、人に関する記憶だけがごっそりと抜け落ちているみたいですね」

 長谷部先生が事実を淡々と述べる。

 人に関する記憶だけが直人先輩から抜け落ちてしまった。それはきっと、直人先輩が私達のことで悩んでいたからに違いない。そんな中で体調を崩して、階段から転げ落ちたから記憶が抜けちゃったんだと思う。

「……私の、せいだ……」

 下唇を強く噛む。痛いけれど、悔しさが溜まっているからなのか、痛みに反してさらに強く噛む。

「先生。直人の記憶が戻ることはあるんですか?」

 渚先輩が涙ながらに問いかけるけれど、長谷部先生は難しそうな表情をしている。

「……意識を取り戻すことと一緒です。明日かもしれませんし、1年後かもしれません。一生戻らないことも考えられます」

「そんな……」

「……ですが、僅か1日で藍沢さんは意識を取り戻しました。同じように、記憶もすぐに戻ると信じましょう」

 確かに、先生の言うとおりだ。直人先輩は僅か1日で意識を取り戻した。だから、記憶も取り戻すことができる。そう信じるのが一番かもしれない。

「それに、記憶を取り戻す方が可能性は高いと私は考えています」

「どうして、ですか?」

「周りの人や環境によって、彼に記憶を取り戻すきっかけを与えられるかもしれないからです。例えば、藍沢さんに記憶を失う以前の普段通りの生活を送ることで、徐々に記憶が蘇ってくるケースもあるんです」

「では、記憶を取り戻す兆しが分かるということですか」

「そういうことです。あとはリラックスした状態になったとき、ふと全ての記憶を思い出すケースも多いです」

「そうですか」

 浩一さんはちょっと安心しているようだった。

 意識を取り戻すことよりも可能性は高い。確かにそれはほっとする。けれど、意識を失っているときよりも今の方がショックは大きい。目の前に直人先輩はいるのに、直人先輩が手の届かないような遥か遠くに去ってしまったような感じがしたから。

「藍沢さんの場合、16歳としての生活能力はしっかりと残っています。知識もありますので、体調さえ良くなれば以前と同じ生活ができるようになりますよ」

「では、直人は高校生活を送ることができるんですね?」

「ええ、そうですよ」

「……良かったです」

 ひかりさんはやんわりとした笑みを浮かべていた。

 直人先輩の御両親はどうして、記憶を失ってしまったのに笑みを浮かべることができるんだろう。今の私には到底、2人のような反応はできない。

「直人先輩、本当に何も覚えていないんですか? ささいなことでもいいんです」

 何か覚えていれば、それが記憶を取り戻すきっかけになるかもしれないから。

 直人先輩は少しの間、無表情のままで口を開かなかった。

「……ごめんなさい。何も覚えていません」

「そう、ですか……」

「……強いて言えば」

 その言葉を聞いた瞬間、爆発的に期待が膨らんだ。

「……部屋に入ってきたときよりも、お2人が悲しそうにされているな、と思いました。それは僕の所為、ですよね。本当に……ごめんなさい」

 直人先輩は私達のことを見て消えゆく声で謝った。

 謝りたいのは私の方なのに、今の陳謝で悲しさや悔しさが更に増していく。記憶を失ったのに私は今でも苦しめてしまうのか。

「ごめん、直人……」

「……どうして、あなたが僕に謝るのですか? 悲しい気持ちにさせているのは……僕なんですから」

 そして、初めて……直人先輩は笑みを見せた。それは口角を僅かに上げるだけのささやかなものだったけれど。

 記憶を失っても、周りの人のことを考えようとする性格は変わっていないんだ。でも、今くらいは我が儘を言って欲しい。何でも叶えるから。

「……やっぱり、お2人は凄いですね。私達の前ではお兄ちゃんは全く笑わなかったんですよ。本当に……凄いです」

 そして、美月ちゃんの笑顔も……昨日からでは初めて見せてくれる。どんな経緯であれ、直人先輩の笑みを見ることができたことがとても嬉しいんだと思う。

「でも、本当に何も覚えていないのかな……」

「……まだ、可能性はあると思います。渚先輩」

「えっ?」

「広瀬先輩です。もしかしたら、先輩のことを見て何かを思い出すかもしれません」

 恋人になった広瀬先輩の姿を見れば、直人先輩の記憶がほんの少しでも蘇るかもしれない。そうなったらちょっと悔しいけれど、記憶が全くないよりはよっぽどいい。

 さっき、美月ちゃんが言っていた通り、30分ほどで到着するんだったらそろそろ来てもいい頃。広瀬先輩、早く来ないかな。


「美月ちゃん! 直人に何があったの?」


 そんなことを考えていると、広瀬先輩が病室に入ってきた。走ってきたのか、彼女は息苦しそうにしていて、肩を揺らしていた。そして、ベッドに座っている直人先輩と顔を合わせる。

 恋人の広瀬先輩の顔を見て、何かを思い出して欲しい。

 互いの顔を見つめ合う2人の傍らで、私はただそう願うのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます