第14話『ため息Days』

 6月17日、月曜日。

 今日からの女バスの練習は、決勝ラウンドに向けての内容となる。決勝ラウンドが金曜日から3日間に渡って行なわれるので、今日の練習内容はかなり濃いものに。

 みんな一生懸命に練習に励んでいるけれど、特に渚は凄い。昨日の咲のプレーに刺激を受けたのか、試合さながらの気迫で練習に臨んでいる。


「……かなり気合いが入っていますね、渚先輩」

「そうだな。金曜日からはインターハイ出場を決める決勝ラウンドだし、昨日の咲を見て今まで以上に頑張らないとって思っているのかも」


 ただ、気持ちが入りすぎていて恐さを感じるときもあるけど。それはまるで狙った獲物を追いかける狼のように。

 香奈さん達は必死に渚について行こうとしている。そのためか、練習時間が半分ほど過ぎたところで疲れ切っている部員の姿も見える。このままだと倒れてしまう部員が出るかもしれないので、特に疲れている人には声をかけたり、長く休憩を取らせたりするようにしないと。

 きっと、俺もこの後のミニゲームとかに参加するだろうけど、今日の渚には歯が立たないだろうなぁ。今日のような凄まじい剣幕を見るのは、俺が渚の家に泊まっていたときにミニゲームに参加したとき以来だ。


「……本当に凄いですね、渚先輩は」


 彩花は笑顔を見せているけれど、どこか浮かない感じもしていて。昨日のブロックの決勝戦を見ているときも、今のような表情を見せるときが。

「……はあっ」

 ぽつりと溢れるため息。練習の間はずっとそういう雰囲気のままだった。



 家に帰っても、彩花は笑顔を見せるも元気がなさそうだった。


「彩花、昨日から元気がなかったけれど、どうかしたのか?」


 夕食が終わって、ようやく落ち着いたところで彩花に訊いてみる。


「直人先輩は分かっていたんですね。……必死に隠していたつもりだったのですが」


 彩花は苦笑いをすると、ソファーに座っている俺の隣に座った。これで今日何度目か分からないため息をつくと、一筋の涙を流す。


「何もできないって辛いですね」


 弱々しい声で彩花はそう呟いた。


「もしかして、咲のことか?」

「はい。決勝ラウンドでの月原高校と金崎高校の結果によって、直人先輩の運命が決まってしまう。渚先輩は試合という形で関わるのに、私にはそれがない。渚先輩に全てを委ねてしまっていることが申し訳なくて、悔しいんです」


 確かに、決勝ラウンドの結果次第だから、彩花は直接関わることができない。そのことに対する悔しさや申し訳なさ、もどかしさが昨日からの彩花に現れていたのか。


「彩花の気持ちも分かるよ。でも、試合に出ることだけじゃないと思うんだよな。彩花は女バスの部員をしっかりとサポートしていると思うし、そういうことも試合に勝つのに重要だと思う」


 俺は彩花の頭をゆっくりと撫でる。そこにはほのかな温もりがあった。


「それに、渚は……彩花っていう存在があるから、今日はあんなに頑張ることができたんじゃないかな。俺のことでの責任感もきっとあるだろう。でも、一番はインターハイに出場したいからじゃないか」

「直人先輩……」

「去年出場できずに悔しい想いをした渚を見たから、俺は渚がインターハイに出場して、渚にとって夢の舞台でバスケをする姿を見てみたいんだよ。だから、俺は女バスのサポートをしようって思ったんだよ。彩花はどうして、俺と一緒に女バスをサポートしているんだ?」


 俺がやるからというだけではないはずだ。彩花のことだから、きっと彼女なりにしっかりと考えてサポートを頑張ろうと思ったのだと思う。


「……直人先輩と同じような感じです。渚先輩と香奈ちゃんがインターハイで戦う姿を見たいから。直人先輩と一緒なら女バスのサポートもできそうっていうのもありますけど」

「そうか。渚や香奈さんにもその気持ちは伝わってる。もちろん、他の女バス部員にも。それが心の支えの一つになっていると思うし、女バスを勝利に近づかせているんじゃないか。彩花は凄いことしているんだって、俺は信じる」


 実際に渚からも俺と彩花がサポートに入ってから、女バス自体が良くなったと聞いている。男の俺をマネージャーにする気は端からないようだけれど、彩花のことをマネージャーにしてみたいという話が出ているらしい。


「本当に、こういうところが大好きなんです。より一層、直人先輩のことが好きになっちゃったじゃないですか。今までよりもずっと、直人先輩と一緒にいたくなっちゃったじゃないですか。だから、渚先輩には勝ってほしい」


 そう言って、彩花は俺に抱きつき、声に出して泣く。そこには確かな彼女の温かさがあった。

 本当はもう分かっていたのかもしれない。自分にもできることがあるってことを。でも、試合に出ると出ないとでは雲泥の差があり、渚に自分の分まで押しつけているようで嫌だったんだ。実際に、渚と一緒に試合に出て咲と戦いたかったんだ。でも、


「彩花は渚と一緒に戦っている。渚もきっとそう思っているよ」

「……そう信じたいです」


 悔しいと思えるほどの優しさはきっと、渚のことを強く支えているはずだ。

 インターハイで活躍する渚の姿を頭の中に描きながら、明日からも女バスのサポートを全力でしていこうと心に誓うのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます