第26話『散り際の真実-後編-』

 それが、笠間の話してくれた2年前の事件の真実だった。

 唯は自殺ではなく事故死だった。警察の公式見解の通り、唯が力を加えたことで腐っていた木の柵が壊れてしまい、そのことによって唯は岩場に転落してしまった。ただし、そのときに笠間が必死に唯を助けようとしたんだ。

 また、唯は俺に振られたことを苦にしていなかった。むしろ、俺への恋心は膨らんでいき再び告白しようと思っていたのか。唯は死の直前まで、自殺とはほど遠い前向きな気持ちを持っていたんだ。


「なあ、藍沢。いつから、俺が柴崎の死んだ事件に関わっているって思い始めたんだ?」

「俺が登校するようになってからすぐだよ。笠間、そのときも意気消沈していたじゃないか。もちろん、唯が死んだことのショックが原因だとは思ってた。でも、時間が経って普段通りの笠間に戻っていったけれど、1人のときとかに思い詰めているような表情をしていることがあって。何かあるんじゃないかって思っていた」


 笠間に抱いたその違和感で、彼は唯の死に何か関わっているんじゃないかって考えた。そうじゃなきゃ、こんなにおかしい状態がずっと続くわけがないと思って。


「そうだったのか。誰にもバレないと思っていたんだけど、藍沢には見抜かれていたのか」


 笠間はそう言うと、彼のズボンのポケットからあの日、唯がしていた左手の方の手袋を取り出した。


「……お前から剣道場に来てほしいっていうメールが来たとき、真実を話すチャンスはこれが最後かもしれないって思った。でも、実際にここに来て藍沢の顔を見ると、そんな気持ちはすっと消えて、お前が推測を話しても、素直に頷けなかった。さっき、藍沢に対して竹刀を振り上げる瞬間まで恐かったんだ。2年前のあの日の出来事が本当だったんだって認めることになるから」


 きっと、自分の手から離れ、目の前で唯が死んでしまった現実を受け入れたくなかったのだろう。自分のせいにしたくないというわけではなく、純粋に唯が亡くなったという事実を認めたくなくて。


「柴崎の姉さん。本当にすみませんでした。この手袋、返します。柴崎の形見として柴崎の姉さんが持っていてください。それが一番いいと思います」


 笠間はあの日、唯がしていた例の左手の手袋をちー姉ちゃんに返した。


「今の話を聞いて、とても辛いけれど……唯は最後まで前向きだったんだね。直人君のことが好きだった。何よりも笠間君が唯を命がけで助けようとしてくれた。悲しいけれど本当のことを知ることができて嬉しい。直人君に自分の想いを伝えてほしいっていう唯の願いも叶えてくれて本当にありがとう」


 そう言って、ちー姉ちゃんは優しい笑顔を彼に見せた。

 もしかしたら、笠間が俺に真実を話そう思ったきっかけは、岩場に落ちる直前の唯の願いを叶えようって思ったことからかもしれない。


「やっぱり、そうだったんだな」

「私達の予想通りだったわね」


 その声がした次の瞬間、佐藤と北川、美緒が剣道場に姿を現したのだ。美緒には俺の推測をメールで伝えていたけれど、どうしてここに。


「ごめんね、なおくん。佐藤君と楓ちゃんにはなおくんの考えていることを伝えたの。私達、実は前からずっと笠間君の様子がおかしいと思っていて。考えてみれば、それは唯ちゃんが亡くなったときからだって分かって、もしかしたらと思って……」

「同窓会をこの時期に開催した理由。藍沢のこともそうだけど、実は笠間のためでもあったんだよ。笠間をまた元気にさせることができるのは、藍沢しかいないと思ってさ。同窓会を機に藍沢や笠間が動くんじゃないかと思ってさ」

「藍沢君なら柴崎さんが亡くなった事件について何か考えがあるはず。その可能性に賭けてみたの。浅水先生にも協力してもらってね」

「ええ。私から3人に連絡しておいたの。藍沢君が笠間君にこの剣道場で2年前のことについて話すってね」


 なるほど。きっと笠間が真実を話し終えるまで俺達に気付かれないように、隠れて聞いていたんだ。

 思えば、同窓会のあの席順……佐藤と北川がセッティングしてくれたんだっけ。それは俺や笠間が2年前のことを言いやすくするためだったんだろうな。


「教師として情けないと思ったけれど、同窓会のときのように……藍沢君なら笠間君にきちんと話すことができるんじゃないかと思って。昨日の夜、笠間君と2年前のことを話したいから剣道場を使わせてほしいって連絡が来たときには驚いたけど、同時にほっとしたの」

「二つ返事で承諾してくれたのはそういう理由だったんですね」


 きっと、この3人以外も笠間を知っている奴なら思っているだろう。唯が亡くなってから笠間は変わってしまった。唯のことで何か思い詰めているかもしれない、と。

 笠間は再び涙をこぼし始める。


「……こんなに温かい奴らばっかりだってことを本当は分かってたのに。俺の冷たい嘘のせいで藍沢は強く非難されちまった。藍沢を非難した奴らも、真実をありのままに伝えていれば非難なんてしなかったんだろうな……」


 笠間の言うことはおそらく正しい。きっと、真実を伝えても俺の受けたような非難を笠間は受けずに済んだだろう。


「……なあ、藍沢」

「なんだ?」

「こんなことをした俺をどう思う? それでも、藍沢は俺のことを自分の親友だと思ってくれるのか?」


 笠間のその問いへの答えが、彼を救えるかどうかの最大の鍵だろう。

 俺は笠間のすぐ目の前に立つ。そして、


「馬鹿野郎!」


 右手を強く握り締め、全力で笠間の左頬を殴った。そのことで笠間は床に倒れ込んでしまう。


「本当に馬鹿で、情けなくて、弱い人間だよ。そんなお前に対して何の怒りも起こさないがわけないだろう」


 でも、この怒りは笠間に対してだけじゃない。俺自身にも怒りを抱いていた。


「さっさと俺が自分の考えを言えばお前に良かったのに。お前が真実を語るのを待とうなんて考えなければ、2年以上もお前が苦しまずに済んだかもしれないのに。今日まで笠間に考えを話せなかった自分にも腹立たしく思うよ」

「藍沢……」

「ただ、親友のお前じゃなかったらこんなに悩むこともなかった。どうすれば、笠間を救えるのか。そればかり考えていた。そして、今日……笠間から真実を知ったときに素直にこう思ったよ」


 2年前の真実を知って、その真実に対する素直な気持ちを伝えよう。


「最後の最後まで唯を助けようと頑張った笠間のことを……俺は本当に誇りに思う」


 その後の笠間が踏んだ道は間違っていたけれど、事件当時の笠間の行動、勇気は本当に誇らしく思うよ。

 きっと、岩場に落ちてゆく中、唯だって思っていたはずだ。笠間は自分を精一杯救おうとしてくれたと。笠間を恨んだりしていない。命が消えるまで感謝の気持ちでいっぱいだったのだと。そう信じたい。


「またいつか、剣道で戦おう。それがさっきの質問への答えだ」


 俺がそう言うと、笠間はゆっくりと立ち上がって、涙を流しながらも笑った。


「……ああ、分かった。ありがとう、藍沢」


 途中、歩く道が間違っていたとき、正しい終着点へ辿り着かせるのが親友っていう存在なんじゃないだろうか。今回の場合は笠間に真実を語ってもらうことだった。それができて俺は嬉しく思う。


「強いな、藍沢は。思えば藍沢は一度たりとも泣かなかったよな」

「……俺は弱い人間だよ。確かにお前の前では泣かなかったけれど、あのときは泣くような余裕すらなかった。泣かないことでどうにか心を保とうとしていたから。弱さを見せることのできない俺は弱いんだよ、笠間。お前よりもずっと弱い」


 最終的に笠間は2年前の真実に向き合おうとしたじゃないか。それだけでも、笠間は俺よりも強い人間だよ。俺は目先のことで、今も逃げ続けているのだから。


「……なあ、藍沢」

「なんだ?」

「こんなときに言うのも何だけど、いつか絶対に答えを出してやれよ。藍沢が連れてきた2人の女の子のために。もしかしたら、柴崎のことがトラウマになっているかもしれないけれど、柴崎はお前がちゃんと返事をしたことに感謝してたんだ。どんな答えを出しても恐れるな。答えを出さないことが一番傷つけるんじゃないかって俺は思うんだ。それだけ、俺から言っておくよ」

「……ああ、分かった」


 まったく、さすがは俺の親友だよ。俺の心を見透かしたように言ってきた。それも、父さんと同じようなことを。みんな、俺の状況についてそう思っているのか。


「……これで、柴崎とやっと向き合えそうだ」

「そうか」

「ああ。ありがとう、藍沢。みんなも……ありがとう」


 そのときの笠間の笑顔は、かつての笑顔とは程遠かった。けれど、いつか絶対に……笠間らしい笑顔が戻ってくることだろう。俺はそう信じている。

 こうして、唯の亡くなった事件がようやく終わりを迎えたのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます