第2話『藍沢家』

 1年ぶりの実家が見えると、懐かしい気持ちがより一層大きくなってくる。生まれてから中学を卒業するまでずっと住んでいたのだからそれは当たり前か。


「あれが直人先輩のご実家ですか?」

「そうだよ」

「立派な家だね。そういえば、洲崎町って月原市と違って大きい家が多いよね」

「それ、私も思いました」


 確かに月原市よりも立派な家が多いのは同感だ。この町に住む人達が特に金持ちだというわけでなくて、昔から住んでいる人が多いことや、土地の値段が安いというのが主な理由じゃないだろうか。

 こういうのんびりと開放的な町で育ったせいか、住宅やビルの数が多い月原市に引っ越して少しの間は惑うこともあったな。そんな経験があるから、やっぱり地元は落ち着けていいなと思う。

 実家の敷地に入ると、そこには白いワイシャツ姿の父さんが釣り竿を整備していた。

「父さん」

 俺がそう言うと、それに気付いた父さんはこちらを向いて目を見開く。何やら興味津々そうな表情で俺達の前まで歩いてくる。


「おっ、直人じゃねえか。久しぶりだな」

「久しぶり、父さん。ただいま」

「おかえり、直人」


 父さんは彩花と渚のことをじっと見る。そのせいで2人が今までにないくらいに緊張してしまう。


「君達が高校で出会った子達か」

「は、はい! 宮原彩花です。直人先輩とは一緒に住まわせてもらっています」

「私は吉岡渚です。直人とは1年のときからのクラスメイトで、彼には色々とお世話になっています」


 彩花と渚は少し堅い感じの挨拶をする。行きの列車の中から俺の両親と会うのが緊張すると言っていた渚はまだしも、彩花がこんなに緊張しているのは意外だ。別に家の両親に対してそこまでかしこまった感じじゃなくて大丈夫だけど。


「彩花ちゃんに渚ちゃんか。美月と負けず劣らずの可愛い子だなぁ。しかも、2人も連れてくるとは直人もやるじゃねぇかよ、おい」


 父さんは笑いながら肘を俺の脇腹に当ててくる。


「おっと、女性から先に名前を言ってくれたのに、自分の名前を何時までも言わないのは失礼だな。俺は直人の父親の藍沢浩一あいざわこういちだ。よろしく!」


 父さんは彩花と渚に握手をする。

 握手をされた2人は……やっぱり固まってるな。きっと、見た目とのギャップが激しいからだろう。自分で言うのも何だけど、見た目は父親譲りだけど性格はそうじゃないっていうか。あと、2人は俺を基準にしていたから度肝を抜かれた、という感じだろう。


「きっと、お兄ちゃんを見てるから、こんなお父さんに驚いちゃったんだね」


 美月のその一言に尽きる。


「まあ、こんな父親だから緊張しなくていいぞ」

「……直人先輩がそう言うのが分かる気がします」

「直人とは雰囲気が違うから驚いちゃった」


 2人はそう言って段々といつもの笑顔に戻っていく。どうやら、緊張が解けてきているみたいだ。

「さあ、家の中に入ろう」

 俺達が家に入ろうとする前に父さんが家の中に入り、


「母さーん、直人が帰ってきたぞー!」


 玄関を開けるや否や大声でそう言った。相変わらずでかい声だな。言い方が子供っぽいので俺と父さんのどっちが父親なのか分からなくなってくる。

 すると、奥の方から母さんが急ぎ足で玄関までやってきた。


「あっ、直人! おかえり。美月もお迎えご苦労様」

「ただいま、母さん」

「美緒ちゃんと一緒に待ってたんだ」

「そうだったの。……あっ、この2人が直人の言っていた高校で知り合った女の子? 2人とも可愛いわね」


 母さんは彩花と渚のことを愛でるように見る。


「そんなことありませんよ。私は宮原彩花です。直人先輩と一緒に住んでいます」

「吉岡渚です。直人とは1年生のときからのクラスメイトです」

「彩花ちゃんに渚ちゃんね。私は直人の母の藍沢ひかりといいます。それにしても、まさか直人が女の子を2人も連れてくるなんて……」


 本当に嬉しそうに母さんは言う。そんなに意外だったのか?

 しっかし、ここまで夫婦で言うことが同じだと逆に笑えてくるな。ただ、言うことは同じでも、母さんに対してはすぐに打ち解けられたようで、彩花と渚は楽しそうに笑っている。女性同士だからなのかな。


「さあ、中に入って。重い荷物を持ってここまで来て疲れたでしょう。直人と美月で2人を2階の客間にお通しして」

「分かった。さあ、彩花も渚も遠慮なく上がってくれ。客間に案内するよ」


 彩花と渚を家に上げ、俺と美月で2人を2階の客間に案内する。


「可愛らしいお母さんでしたね」

「そうだね。美月ちゃんに似てるかも。年の離れたお姉さんかと思ったよ」

「そういう風に間違われることもありますね。お母さんは凄く嬉しそうですけど」


 俺には母親にしか見えないけどな。美穂さんの方が若々しいと思う。

 2階の客間に入ると、夕方なのにもう布団が2組敷かれていた。彩花と渚が来ることに盛り上がった母さんだから、3組敷くかもしれないと思っていたので安心した。


「布団が2組だけということは、私が直人先輩と同じ布団で寝てもいいというお許しなのでしょうか?」

「わ、私かもしれないじゃない」


 そういう考え方をするとは彩花と渚はポジティブな女の子達だ。


「そういう意味で敷いたじゃないだろ。普通に2人が寝るためにあるんだ。俺は自分の部屋のベッドで寝るよ」


 俺がそう言うと、2人は残念そうな顔をして、


「えぇ、一緒に寝ましょうよ。それで私と一緒に新しい家族を……」

「はいはい、作らないから。というか、中学2年の妹の前で何てこと言うんだ」


 美月の教育に悪い。

 美月は苦笑いをしているけれど、渚は顔が真っ赤だ。視線をちらつかせる。


「直人と私の新しい家族を……」

「彩花の言葉を本気にするなって。何にもしないから」


 渚の頭を軽く撫でると、彼女の顔の赤みがちょっと和らいだ。本当に渚は真っ直ぐというか純粋というか。まあ、そういうところが可愛らしいんだけど。

 2人は荷物を置いて、窓から景色を眺めている。


「いい景色だね。晴れていたら遠くに見える海も綺麗なんだろうなぁ」

「ああ。近くに浜辺があって、俺が小学生の間は夏になると友達といつも遊びに行ってた」

「私や美緒ちゃんと一緒に行ったこともあったよね」

「そうそう。たまに家からスイカを持って行ってスイカ割りをしたりして」

「夜にはお母さんと一緒に打ち上げ花火もしたよね」

「あぁ、やったやった。1回、花火かと思って火を点けたら、爆竹っぽいやつだったから物凄い音したよな」

「それ覚えてる。近所の人が飛んできたよね」

「心臓飛び出るかと思ったよ、あのときは。お前、俺にしがみついてきたよな」

「だって、物凄い音がしたから怖かったんだもん」


 泳ぐのが好きだったし、あの海が遊び場だったから、夏休みが暇だった記憶がない。今だったら絶対に飽きると思うんだけど。


「……あっ、ごめん。久しぶりに地元に帰ってきたからか昔のことを思い出して」


 お客さんの彩花と渚をほったらかしにしてしまった。しかし、そんな2人は笑った顔をして俺のことを見ていた。


「何だか今までに見たことがない笑顔だった。直人もこんな顔するんだ」

「楽しそうでしたよね」

「たまには、学校とかでもこういう顔はしてると思うんだけどな」


 そんなに俺、月原ではつまらなそうな顔をしているのかな。俺なりに高校生活を楽しんでいるつもりなんだけど。でも、あの頃のような楽しい気持ちになれる心ではないというのは確かだろう。

 昔はちょっとしたことでも楽しめたのに、今はそうじゃない。それは成長したからなのか。それとも、我が儘なのか。はたまた、不器用になってしまったのか。


「ねえ、直人」

「どうした、渚」

「直人の部屋に行ってみたいんだけどいい?」

「もちろんいいよ」


 渚の部屋に泊まらせてもらったことがある以上、ここで嫌だと言えばそれはフェアじゃないだろう。別に嫌だって言うつもりは全然ないけど。

 2人を俺の部屋に通すと、彩花が色々と物色し始める。


「人の部屋に入った途端にがさ入れするんじゃない」

「いえ、あの部屋にえっちな本がなかったので、実家に置いていったのかもしれないと思いまして。ちょっと探しているんですよ」

「ご期待に沿えることができなくて申し訳ないね。そういう類の本を買った経験は1度もないんだよ」

「本当ですかぁ?」

「本当だよ」

「美月ちゃん。直人先輩の言っていることは本当?」

「本当ですよ」


 そう言う美月のことを彩花はじっと見つめる。というか、何ということを中学生の妹に訊いちゃってくれるんだ。別に買ったことないから問題ないけどさ。


「……この純粋な笑顔で言うのですから、直人先輩の言っていることは本当でしょう」

「だから嘘ついてないって最初から言ってるだろ」

「私は直人の言うことを信じてたよ。直人のことが好きなら、彼を信じることも大切なんじゃないかなぁ」


 渚はちょっと意地悪な笑みを浮かべて彩花にそう言う。


「でも、えっちな本があったらどうするんですか!」


 彩花の反撃に渚は再び顔を赤くする。しかし、たじろぐことなく、


「あったらあったときだよ。それに……」


 その後に何か言っているけれど、声が小さくて上手く聞き取れなかった。

 渚は恥ずかしそうにしているものの、彩花のちょっと悔しそうな表情を見る限り、彩花は渚の方が優勢だと思っているかもしれない。


「……そういえばさ、お兄ちゃん。そろそろ出発した方がいいんじゃない? 同窓会に行く途中に寄るところもあるんでしょ?」

「あ、ああ……そうだな」


 腕時計を見て時刻を確認すると、午後5時近くになっていた。同窓会は午後6時の集合だけど、他にも用があるのでそろそろ出た方がいいかもしれない。


「ええ、着いたばかりなのにもう出かけるんですか?」

「ああ。途中で寄りたいところがあるから」

「……あの、私達もこの町を見てみたいので、途中までついていってもいいですか?」

「えっと、そうだな……」


 その場所の前まで連れて行くことも避けたいところなんだけど、どうしよう。


「彩花さん、申し訳ないんですけど、お兄ちゃん1人で行かせてあげてください。特別な理由がありまして。そこに行くのが、今回帰ってきた1つの目的なんだよね?」

「あ、ああ……そうなんだ。その理由を話すとちょっと長くなる」

「そうだったんですか。それは申し訳ありませんでした」

「すまないな、彩花。その場所に行く特別な理由は……美月から聞いてくれ」


 美月の機転の良さに救われた形だな。

 俺が今から行く場所の特別な理由。この町に戻ればいずれ知られてしまうこと。ただ、俺からそれがちゃんと言えるかどうか自信はない。美月も詳しく知っているから、彼女に話してもらうことにしよう。


「じゃあ、さっそく行ってくるよ」

「いってらっしゃい、お兄ちゃん」

「楽しんできてくださいね、直人先輩」

「いってらっしゃい、直人」


 3人に見送られながら俺は逃げるように自分の部屋を出た。

 家を出ると、空は薄暗くなってきており、さっきよりも寒さが増しているのであった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます