異性なんて星の数ほど(140文字小説)

作者 戸松有葉

55

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

どっちも手に届かないところにある!
でも、その光は見えるのだから憧れだけを抱かせ、その手には入らない。皮肉なものですね。

Good!

常套句への切り返しがセンスあって良いです!

会話してる二人とも頭良いけど、盲目の部分はちゃんとあるのも良いですね。

楽しかったけれど、これを鵜呑みにしてしまうと僕の未来への希望も閉ざされてしまうのであくまで「センスある会話」として認識することにします!(泣)