生まれる?

【夫のターン】


 そろそろ出産日に入ってきた。携帯の充電を常に切らさず、充電器も3個常備。


            ♪♪♪


『ドドンガドンっ! ドドンガドン!』


 なのに、来るのはこんなメール。


 あのバカ。


『なんでそんなにふざけられるんですか? もう生まれそうなんだから、真面目にしてください。真面目にしてください」


 大事なことだから2度書いた。


             ♪♪♪


『ごめーん』


 まったく。


             ♪♪♪


『ドドンガドンっ! ドドンガドン!』


 ……あのバカ。


             ♪♪♪


「もしもし、修ちゃん?」


「なにを考えている」


「エヘヘ……メール見た?」


「見たよ!」


 なんなんだあの意味不明な太鼓メールは。


「私がいなくて寂しいかと思って! 枯れ木もうんだらかんだらって言うじゃん!」


「使い方も間違っているし、うんだらかんだらの方が文字数長いけどな!」


 枯れ木も山の賑わいな。


「エヘヘ……元気?」


「……まあまあ元気。そっちは?」


「私も……まあまあ元気」


「……」


「……」


 メール以外で話すのは久しぶりだったから。


 ちょっとだけ話すのが照れくさい。


 たまにしかない一人暮らしを満喫してもいたけど。やっぱり、妻と娘のいない生活なんて。


「……う」


「う?」


「生まれ……そうかも……」


 なに――――――――――――!?


「ちょ、お前、今どこ!?」


「家……」


「お義母さんはいるか!? お義父さんは!?」


「……いる」


「ちょ、ちょっと待ってろ!」


 すぐにお義母さんに電話を入れる。


              ♪♪♪


「あっ、もしもし。修君」


「お義母さん! 理佳が生まれそうだって」


「ああ、はいはい」


 は、はいはい。


「いや、ホントですって! ホントなんですって!」


「修君、君は正直者だから、そうやって妻のいつもの嘘に付き合ってくれて。お義母さん、あなたみたいな息子を持って――」


 嘘確信―――――――!?


「いや、ホントなんですよ! ホントに苦しそうで!」


「またまたー!」


 お、恐ろしい……どうなっとるんだこの家族は。


「とりあえず理佳見に行ってください!」


「もー、心配性な息子でお義母さん……あら、やだホントに痛そうね」


「ほら――――――――――――――!」


 理佳、大丈夫か――――――!


「まあ、前もそうだったけど安産型だし。落ち着いて。救急車呼ぶから。いつもの病院で。あんまり急いでも、アレだし」


「くっ……」


 アレってなんだ。実の母親だったらぶん殴ってるぞ。










 とりあえず、病院に直行した。




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます