寂しい??

【妻のターン】


           ♪♪♪


『今夜は綺麗な満月です。一人で見ると、やっぱり少し寂しいから一緒に見たいお前と凜ちゃんに送ります。愛してるよ』


 はわわわわっ……な、なんかこっぱずかしいメールが来てるー!


「ねー、凛ちゃん。綺麗な満月だよ」


「ふむ……」


 なんだそのしたり顔は……我が娘ながら、変な反応をたまにする。


 とりあえず、外の満月を見ながら、携帯でパシャリ。


『ほんとだね。私と凛も同じ月を見てるよ。やっぱり、離れてても、心って繋がってるんだね。愛してるよ』


             ・・・


 はわわわっ……恥ずかしい。


 よくこんなの送れるな。


 まあ、とりあえず送信。


 これで完全なバカップル誕生だな。


 でも、たまにこういうのもあって、いいと思う。こんなロマンチック展開があっても。


           ♪♪♪


『理佳……まるで、俺たち。織姫と彦星じゃないか? 会えなくても、想いは繋がっている。気持ちは繋がっている』


 もっと恥ずかしいメール来た――――――――!


『三途の川でも渡ってチョンマゲ――』


 ……はっ、いかんいかん。


 ついつい、ふざけたメールを作成していた。


『そうね。でも、私だったら、そんなに待てないな。早く迎えに来てね、白馬の王子様♡』


 ……思わず返信の手が震えてしまう。


 しかし、こういう時は、徹底的に。


 じゃなきゃ、なんか、負けた気がする。


           ♪♪♪


『くーだらねーと、つーんぶやいてー♪ 覚めた顔ーして』


 音声データ来た―――――――――!


 な、なんのつもりだこの男は。


 しかもオンチ。


「凜ちゃーん。お歌うたおう?」


「いーよー。なに謳うの?」


 うーん。


             ・・・


「いーないーな♪ 人間っていーなー♪」


 結局、日本昔話を合唱。


 最終的にはここに戻ると言ってもいい。


 いけ――――――!


 ラブラブビームや-。


 送信……っと。


 さすがに、もう来ないだろう。


 修ちゃんと一緒にいないと。変な気分になってくる。


 寂しいというよりは。


 身体の一部が抜け落ちたような。


 それこそ、心が繋がっているということか。


「……フフッ。はぁー」


 認めよう。


 やっぱり、寂しい。


 会えないのは、寂しい。


             ♪♪♪


『君が好きだ―と! 叫び―たい! 明日を――』


             ♪♪♪


『あーなーたーを思うだけでっ♪ 心は強く――』


             ♪♪♪


『世界が終わるまでは―♪』


 スラダンメドレ――――――!?


 


 











『……とりあえずメールを削除してくれ』


 翌日、夫からメールが来た。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます