ツンツン


【夫のターン】


 12月25日。恐ろしい一夜が明けた翌日の朝の寝室。娘は、プレゼントの大きなくまさんを片手に1200%の猛烈はしゃぎっぷりを見せ、現在、俺のお腹の上で飛び跳ねている。


「パパ――――――――――――――――――――! パパ―――――――――――――――――! サンタさんにもらったの―――――――――! もらったのー―――――――――――!」


 り、凛ちゃん……俺の耳元で叫ぶと、鼓膜破けるよ。(心の声)


 その時、ドアが開いて妻が入ってきた。


「あっ、おはよう修ちゃん……なんか、機嫌悪そうだね?」


「……」


 こいつ……凛がいると思って、敢えて聞いてきている。


 昨日の夜、泥棒よろしく窓から逃走を図った俺は、なんとか壁を這いつくばって、よい子は真似しちゃダメな感じで地面に降り立った。娘の目を盗んでリビングに戻り、なんとか下手な説得兼ごまかしをすること一時間。ようやく、娘が納得して眠るという、思い出したくもない暗黒クリスマス・イブだった。


 しかも、無理な態勢で身体の節々が筋肉痛。これから(恐らく娘が高校生になるまで)、毎年クリスマス・イブが命がけになることを想像し、今から頭が痛くなる。


「凜ちゃん、ご飯作ってるから、先食べてて」


「うん!」


 大きなくまさんを抱きかかえながら、娘は階段を降りて行った。


 寝室に残されたのは、俺と妻。


「修ちゃん、お疲れ様」


「……疲れた」


 そうつぶやくと、理佳が俺の横にストンと座る。


「よく頑張りました♡」


 ナデナデ。


「……っ」


 ミロのヴィーナス級に可愛い。


 ギュ―っ。


「お、おい理佳」


「エヘヘ……修ちゃーん」


 や、ヤバい……可愛すぎて、ヤバい。


 なんか、そのままコテッっとベッドに寝転ぶ。


「……」


「……」


 すぐ横を見ると、理佳の綺麗な顔がある。雪のように白い肌。大きくクリっとした瞳。精緻に整った輪郭。相変わらず、とんでもなく美しい顔をしている。


「ツンツン」


「ば、ばかやめろよ……」


「へへー、やめなーい。ツンツン、ツンツン」


 ぜ、全然やじゃない。


「……」


「……」


「……ツンツン」


「やん、修ちゃんこそやめてよー」


「ヘヘ、やめなーい。ツンツン、ツンツーン」


 ああ、なんて幸せなんだろうか。


「ツンツン」


「ツンツン」


「ツンツン」


「ツンツン」


「ツンツン」


「ツンツン」


「ツンツーン! ツンツンツンツーン」


              ・・・


「ツンツ……なにしてんの?」


「エヘヘ、可愛いから拡散しちゃった♡」


『第3段! 夫のツンツン動画』









 妻を強めに殴った。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます