気が重い

【妻のターン】


 午後5時30分。橋場家のマイホーム。


「うん……うん。わかった……じゃあ」


 受話器の電源をきり、思わずため息が出てしまう。しかし、そろそろ夫が帰ってくる時間。こんなことではダメだと何度も心につぶやく。


 こんな顔してたら駄目だ。こんな顔じゃ……


 そんな中、外から騒がしい足音がなり、激しく家のドアが開く。


「こーのーバカおんなー! 砂糖じゃねぇかこのおにぎ……どうした?」


 ……気づいてしまったのだろうか、修ちゃんは罵詈雑言を気遣いに変えた。普段と違うところは、夕方にさしかかろうというのに、外行きの服装、薄いメークからも見てとれるので仕方のないことかもしれないが。


「うん……ちょっとね。私、これから出るから凛ちゃんの事、頼める?」


 すでに支度はできている。鞄を持って、ハイヒールを履く。


「あ、ああ。もちろんだけど、何があったんだよ?」


「エッヘヘ……修ちゃんはやっさしいなぁ」


 コツンと、夫の胸を借りる。


 私が困っている時。落ち込んでいる時。この人は、いつも優しい。そんな夫の愛情に、気持ちは幾分か癒される。


「ばっ……かやろう! 俺たちは夫婦だろ? いいことも悪いことも、嬉しいことも哀しいことも共有するのが夫婦だ。そうだろ?」


「うん……ありがとう」


「おい、どうしても言いたくなかったらいいからな。帰ってきて、落ち着いてから――」


「じゃあ、親友とショッピング、行ってきます!」


 バタン! タッタッタッ……


 殴られる前に、逃げた。


 はぁ……はぁ……を騙すのは、まったく気が重いざんす。


         

          *


 午後7時。 名古屋でのショッピングも終わり、ディナーはお高めなレストランでとることにした。


「たっかそー、理佳。あんた大丈夫?」


 親友の真奈が少し入るのを躊躇する。


「大丈夫大丈夫。夫バンクで、お金おろしといたから」


「……何よ、それ。あー、私は夫に怒られちゃうかなぁ」


 といいつつガンガン店内に進んでいく真奈は、もうすでに行く気満々であることがうかがえる。要するに、私に確認するのは『自分のせいではない』と心の中で決着するだけの儀式である。


 彼女とは遡れば幼稚園からの幼馴染だ。それだけ付き合いが長いと、考えていることも、行動も、性格もすべてお見通しなのだ。


 豪華な料理が運ばれてきて、思わず吹き出してしまった。修ちゃんは、あの砂糖おにぎりを食べてどう思ったであろうか。


「……なに思い出し笑いしてんのよ。くっそぉ、幸せそうでいいわねー」


 そう言いながら真奈は豪快にサラダを頬張る。


「幸せっていうより面白い話ね。ねえ、見てみてー」


 今流行り。夫の『にゃんにゃん動画』を見せた。


「……ブッ! フフフフハハハハハっ、なにこれー!? やっぱり修君はおっかしいわねぇ」


 真奈と修ちゃんは面識がある。そもそも、真奈の夫と修ちゃんが親友であり、真奈つながりで修ちゃんと出会った形だ。


「エヘヘ、みてみてー。10万リツイート達成。すっかり有名人の妻よ私」


            ・・・


「……えっ、マジで? マジで動画にあげて拡散したの?」


 途端に神妙な面持ちになる真奈……さては怒られる気配。


「……ううん。してない」


「なんで嘘つくのよ! したんでしょ!? いや、あんたならするわ。そういう子だもんあんた。バカなの? いや、バカなの知ってたけど。夫は知ってるわけ?」


 はわわわっ、怖い……


「も、もちろん知ってるわよ。すぐに見せたもん」


「……よく怒んなかったわね。さすが修く――」


「んにゃ。ブタれた」


「当り前よ! 普通ブツわよ! むしろ、よく離婚届出さなかったと褒めたいわ私は。あんた、彼にも社会生活ってのがあってね――」


 懇々と説教しながらフォークで強く肉を突き刺す真奈。一昨日、離婚届を突き付けられた事実は心の奥底にしまっておく。


 しかし、それでも彼女の説教は1時間に及んだ。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます