Love on Alternative Issue

桂慈朗

第1話 愛情とはなんだろう

 読んで字のごとく「愛する感情」ということはすぐにわかるが、「愛情」という言葉には字面では表せない意味も含まれる。


 単に愛する感情ならば、一方的な感情の押しつけも立派な愛情であろう。

 世間を見れば、それを愛情と言っているケースも少なくない。だが、同時にそれだけでは不足だと言うことも十分理解している。

 愛情の押しつけは、詰まるところ自己満足であってエゴの主張でしかない。

 もちろん、自分の心内では「愛」に溢れているのであろうが、その「愛」は果たして誰に向けたものなのか?


 仮に自己満足であっても自らにとってはそれは愛情であろうし、一方で他者からのそれは押しつけと感じられることも少なくない。


 自分が与える愛情と、与えられる愛情には明らかな差がある。

 私達が求めるべき愛情とは、その両者のギャップを埋める行為ではないかと思う。

 相手が望む愛情と、自己が望む愛情。その両者が並び立つ状態。

 それを、試行錯誤を繰り返しながら探り続けること。


 もちろん、愛情が成立するためには最低2人の存在が必要だ(それ以上の愛情は、結局2者間の発展系であるが)。

 要するに、2者の最も良好な関係性に配慮する気持ち。

 それが愛情ではないのだろうか?

 そこには双方の考え方が交錯するため、完全な一致を見ることなど無いかもしれないし、片方の気持ちが離れればもはや成立しない。


 人々は愛情を追い求めるのに、しかしそれは容易に手に入らない。

 そこにあるのは自己愛と他者愛の葛藤。

 自己を愛し、他者も愛す。それがお互いに成立する関係。

 ところが、相手が本当にそれを望んでいるかは実のところわからない。


 だから、愛情を目の前にして葛藤してしまうことも多い。

 それを無意に信じられるのは、実は良好な親子の情だけではないかとすら思えてくる。

 もちろん、それすら思い込みかもしれない。


 だとすれば、愛情の成立要件とは思い込みではないか?

 別の言葉でもそれは言える。

「『信じること』

それを信じる限り、、、、自分の中には確かなそれが存在する。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます