オルタナ 〜虚構の刻限、リアルの死〜

作者 木沢 俊二

15

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

オルタナ界のヒーローが現実ではしがない仲介役に甘んじている。この二面性と落差を効果的に魅せるための構成に、序盤から惹き付けられました。
会話とシチュエーションに上手く噛ませて、設定の開示が単なる羅列文になっていない所も実に好感触です。煩わしさの欠片もありませんでした。
物語の走り出しとしては最高の部類であると思います。そして、常に付き纏う影のように淡々と、かつ着実に迫る魔の手のメタファーに、
今後の展望が否が応にも高まります。これは続きの更新を楽しみにせざるを得ません! ではまた、本日もお疲れ様です!