◆Bad END◆   青空は遠く

 区切られた外の世界は、もうすでに見慣れたもの。


 何日ここで過ごしたのかな。

 ……でも、それも考えるだけ無駄だよね。


 あの訓練場での日が遠い昔のことみたい。


 瞬きをして開いたら、景色が変わればいいのに。

 だけど、そんな願いなんてかなうはずもないってことは、もうわかってる。


 『どうして、こんなことになったの?』なんて疑問も、湧かない。


 何かをする気力は欠片かけらも存在しない。

 したってどうせ、何にもならないんだから。



 ――視界に映る小さな外の世界の青空に、鳥が飛んでいく。

 翼を広げて羽ばたくそれは、元の世界で見かけた鳥によく似ていた。



 背を向けた扉がきしんで開く音が聞こえる。この部屋に唯一存在する扉はとても古く頑丈で、鈍い音が立つのは当然だから、驚くことなんてない。


 振り返らなくても誰が訪ねて来たかを、私は知ってる。

 ここに出入りしているのなんて、『あの人』しかいないから。


 視線を窓から動かそうとしない私に焦れて、『あの人』が近づいてくる。


 その後は、強引に視界をさえぎって、瞳に私を映そうとするはず。

 そして、その瞳に映りこむ私の顔が、全てを諦めきった表情になっているのもいつものこと。


 名を呼ぶ声にうながされて、私はカサカサと乾ききった心と唇を動かす。


「――」


 言葉にならない声がもれて、なくなる。


 どうせ誰にも届かない言葉は、形にもならずに消えた。


 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます