こりす書房

六月雨音

第1話 謎のバーテンダー 


ある日 玻璃はりの音*書房に 入っていくと

コリスのルウが グラスを磨いていた

バーテンのような恰好をして キュッキュッっと


クウヘンさんの留守を預かっているらしい


折角なので

オーダーすることにした


「いつものやつを」といったら


コリスは嬉しそうに 冷蔵庫の方へ向かい

お皿に何かのせて戻ってきた


プリンだった

上に絞り出したクリームが ちょんとのっていた

もちろん赤いチェリーのせ


おや、オリジナルドリンクを作っているらしい

レモン1 : はちみつ 2 : ソーダ水 3

なにやらシェーカーを振っている


「あちらの お客さまからです」


コリスが 小さなワンショットグラスを

スーッとすべらせてよこした


粉雪さんが 向こうの方で手を振って くすくす笑っていた


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます