居ない居ない……(/。\)

作者 ( ̄ー ̄)

41

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 周知の通り現在のカクヨムでは挿絵を使用することが出来ない。ところが、こちらの作品においては、視覚的な演出が施されている。
 文字を組み合わせて絵柄を作る、即ち、一般的に『顔文字』と呼ばれる手法である。

 多くの人は、小説に顔文字を用いるという情報だけを聞けば、酷く稚拙な作品を想像するであろう。少なくとも私はそうであった。
 しかしながら、その想像は見事に裏切られる。
 是非ページを開いて欲しい。そこには紛れもない『切なさ』が表現されているのである。

 良い物語(小説)とは、どういったものであろうか?
 そう問われた時、文章が巧み、構成が緻密、結末が意外、と、具体的な返答も浮かぶ。だが最終的には、心が震えたか否かによって作品の良し悪しは決定付けられると、私は考えている。
 稚拙な文章であっても面白い作品はある。当然、技術も伴っているほうが良いに決まってはいるが、それは最重要事項ではない。流通しているベストセラー作品においても慣用句や敬語の誤用などはしばしば見受けられる。
 繰り返す。心が震えることこそが大事なのである。

 こちらの作品は、その条件を満たしている。しかも、その条件だけを抽出していると言える。
 つまり、感動のエッセンスだけを取り入れ、それ以外の余分な要素は削り落されているのである。結果、一切の文章さえなくなってしまっている。
 もはや小説とは呼べないのかも知れないが、考えて欲しい、あなた方は、文字を読みたいのか、それとも面白いものを見たいのか。当然、後者であろう。

 こちらの物語は、主人公と親愛なる者との戯れから始まる。読み進めていくうちに、それが主人公の回想であることが分かる。かつての思い出を胸に、主人公は一体どういった行動を取るのか。
 イメージを膨らませながら、繰り返し、何度も読んで欲しい。いつしか、あなたの頬は濡れることになるであろう。
 そ… 続きを読む