【といろ浪漫譚―花時雨―】

作者 結樹 翠

6

2人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

さんがに★で称えました

★★★ Excellent!!!

――

が、好きな方にはお薦めだ。

どこと無く耽美で、しかし柔らかく、そして静か。

三人登場人物はおれど、なぜか孤独を匂わせる。

ゆるやかな時の流れと、退廃的な雰囲気、尚且つ排他的な空間が、そう言った独りを彷彿させるのかもしれない。

安定した文章で淡々と進むこともまた拍車を掛けている。



取り敢えず、続きを切望しつつ、一言。

コレが大学時代の作品とは恐れ入る。
「恐ろしい子っ!(カッ」←