どす恋!

福北太郎

プロローグ「東雲、相撲を知る」

~花相撲~

 花に相撲と書いて、花相撲。

 相撲の地方巡業のことを、そう呼ぶらしい。相撲に興味のなかった僕には、地方巡業といわれてもよくわからないのだけれど。

 いや、興味がないというのは、正確ではないかもしれない。

 どちらかというと、決して好ましいスポーツじゃないのだ。むしろ、マイナスイメージの方が大きいかもしれない。

 相撲自体には、何の罪もないのだけれど。

 原因は僕のこの見た目だ。

 黒髪、黒目、あまり高くない身長、丸顔に日本人らしい醤油顔と、野暮ったい瞳。

 まあ、それはいい。

 一番の問題は――ぽっちゃり、というか、この太り具合。

 要するに、デブなのだ。

 おかげで小学生のときは散々、相撲取りとからかわれた。

 どすこいだの、ごっつぁんだの、他の一般市民が耳にするであろう回数の、ゆうに十倍は聞いていると思う。

 あげく、『東雲しののめって苗字も、なんか関取っぽいよな』とか、言われても知るものか、そんな勝手なイメージ。

 そんな僕が朝、早起きして、升席に座っている理由はただ一つ――母の命令だ。

「あ、いたいた。お待たせ、昭弘あきひろ!」

 四十もとうに過ぎた母は、なぜか今、相撲にはまっているらしい。両手にビールと、焼き鳥を抱えながら、僕の座る席へと近づいてくる。

 ……確かに、今更アイドルにはまるよりは、年相応の趣味なのかもしれないが、もうちょっとおっさんくさくない選択肢はなかったのかな。

 などと言った日には殺されるので、何も言わないけれど。

「結構時間かかったね。並んでた?」

「それがね、さっき廊下で海桜山かいおうざんに握手してもらっちゃったのよ! 嬉しくてつい、いきなり頼んじゃったんだけど、嫌な顔一つしないで受けてくれてね! 本当に強い力士さんって、人間ができてらっしゃるのよね。母さん、感動しちゃった!」

「はあ」

 海桜山というのは、母さんのお気に入りの力士だ。ヨーロッパ出身で、母曰く、イケメンとのこと。

 そう言われて、イケメンな力士ってどんなものかなと、実はさっき興味本位で覗いてみた。

 色白の肌、青い瞳、鼻が高く、彫りの深い顔立ち。イケメンと言われてみたら、そうかもしれない。

 ただし、やせていたならという条件がつくけれど。

 どこからどう見ても、立派なお相撲さんだったよ。あれがイケメンなら、僕もイケメンだってば。

「あ、来たわよ! あれあれ!」

 そんな僕の内心など露知らず、母さんは無邪気に喜んでいる。

 指が示す方をのぞけば、土俵をはさんで向かい側の通路から、一人の力士が現れた。

 噂の海桜山だ。客席からわく歓声からすると、なかなかの人気の持ち主のようだ。

 同時に、ふと、横の通路から人の気配がした。

 気配の方へと顔を上げる。

 僕の顔からほんの三十センチほど先に、まわしがあったものだから、少しびっくりしてしまった。

 対戦相手の日本人力士だ。

 堂々とした足取りで、土俵へと向かっていく。

「やっぱり決勝は、一ノ関いちのせきとの対決になったわね」

 日本人力士の方を見ながら、母さんが独り言のようにつぶやく。

「一ノ関?」

「海桜山のライバルよ。この前の春場所でも、二人で接戦を繰り広げていたのよ。ほんと、惜しかったわ!」

 惜しかった、ということはつまり、一ノ関が勝ったというわけか。

 視線を前方へと向ける。土俵上の彼は、背の高い海桜山に比べて、ずいぶん小さく見えた。

「あの人、小さくない?」

「そうね。確か、部屋入りの時に身長が足りなくて、手術で頭にシリコン埋め込んだって聞いたことあるわ」

「手術!?」

 そこまでして、相撲がしたかったのか。すごい情熱だ。うっかり感心してしまった。

 いつの間にか、僕はどうせなら、一ノ関に勝ってほしいと願っていた。

 どちらかを選ぶなら、イケメンの外人よりも、チビで努力家の日本人を応援したい。

 土俵の対角線上に、二人の力士が並ぶ。

 相撲の客席は、外からの見た感じより、ずっと土俵に近い。一番前列の席だと、土俵から一メートルも離れていなくて、倒れてきた力士の下敷きになることもあるのだという。

 あまりの近さに、力士たちの緊張と熱気が伝わってくるようだった。

 塩をまいたり、手を縦に切ったりと、僕にはよくわからない動作をしながらも、二人の意思がどんどん集中していくのが伝わる。

 客席の喧騒が徐々に、静まり行く。観客の視線にさらされた力士たちは、互いに目の前の相手しか見えていない。

 やがて、二人が土俵の中央へと向かい行く。

 行司も二人の間に立って、黒いうちわのような物を持つ。母が言うには、あれは軍配と呼ぶらしい。軍配が上がるという言葉の語源は、相撲から来ているのだと、僕は少し賢くなった。

 やがて会場が、完全に沈黙する。

 衣擦れの音すら響きそうな静寂の中で、僕らは固唾を飲んで待つ。

 二人が構えた。腰を落とし、右手を地面すれすれまで下げる。

 そして、一瞬。試合は始まった。

 ――それが、僕の人生を変えるきっかけだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます