第六回 目付組

 救った男は、大須賀要蔵おおすがようぞうという男だった。

 歳は五十ほどだろう。白髪が目立つ、落ち着いた男だった。傷を数か所負っているが、皺の深い顔が痛みで歪む事はない。


(只者ではないな)


 血や痛みが襲っても動じない。それが、この男の経験と胆力を表している。

 賊を叩き斬った睦之介は、堪えきれずに嘔吐した。何とも言えぬ気持ち悪さに襲われたのだ。それから、大須賀を抱え屋敷に駆け込んだ。

 流石に邸内は騒然となった。放蕩息子が返り血を浴び、また傷を負った老武士を連れ帰ったのだ。無理もない話しだが、まだ刺客の襲撃があると思えば、その混乱に構っている余裕はなかった。

 大須賀には、すぐさま手当てが施された。家士に金瘡医術の心得がある者がいるのだ。その家士によれば、傷は浅くで骨には達していないという。睦之介はその間、行水で返り血を洗い落とした。冷たい水を何度か被ったが、人を斬った気持ち悪さは消えなかった。


「勤王派の仕業というのは間違いないのだな?」


 父の居室に呼ばれ事の次第を説明すると、織部がそう訊いた。


「はい。斬る前に『天誅』と叫んでおりました」

「天誅か」


 織部は苦い顔をした。機嫌が悪いように見える。就寝中を起こされたからだろう。こめかみを、中指の腹で押さえている。


「最近、志士の間で好まれている流行文句だと聞きました。これも勤王派の仕業と思って間違いありません」

「先日、下士を中心にして怡土勤王党が結党された」

「怡土勤王党ですか」

「そうだ。この暴挙は勤王党の仕業かもしれんな。指図したのは。加藤めだろう。勤王党の後ろ盾は、あの加藤甚左衛門だ」

「だとしても、何故に大須賀殿は襲われたのでしょうか?」

「それはな、大須賀が目付組に出仕する大目付助役おおめつけすけやくだからだ。目付組は、我々と志を同じにしている。中でも大須賀は切れ者でな、お前も知っている赤橋頼母の軍師だ」

「軍師ですか。張良のような」

「怡土でも五指に入る策士だな」

「それほどまで」


 睦之介は、納得し頷いた。大須賀からは、確かに古来の軍師を思わせる知性が感じられる。


「好機かもしれぬ」

「好機?」

「勤王党を潰す、な」

「父上、今は勤王派の力が強いと聞きました。安易に踏み込めば逆撃を受ける恐れがあります。ここはまだ伏せるべきと思いますが」


 睦之介は意見していた。政事には関わらない。そう決めていたが、考えた事がつい口に出ていた。


「ほう」


 父は、一瞬だけ驚いた顔をした。


「親が思っている以上に、子は育っているのかもしれん」

「何の事でしょうか?」

「いや、独り言だ。この件は表沙汰にはせぬ。そして、機を待つ。それまでは、他言無用とする」

「判りました」

「うむ。それにしても、よくやったな睦之介」


 睦之介が部屋を出ると、代わって大須賀が呼ばれた。個別に話を聞くつもりだろう。

 この夜は寝付けなかった。三人も斬ったのだから無理もない。これで普段と変わらず眠れたら、立派な人斬りである。そうはなりたくはない。嘔吐したのも、情けなさの表れではなく、まだ人斬りではない証拠かもしれない。




 それから三日後、父の命令で大目付の赤橋頼母の屋敷を訪ねた。

 赤橋家の屋敷は、怡土城からほど近い堤小路つつみこうじにある。此処に屋敷を構える武士は、大組の中でも新参の家門が多い。谷原家のような大身はもっと郊外にある。

 客間に案内されると、赤橋の他に大須賀の姿もあった。まだ痛々しく包帯を巻いていて、睦之介の姿を認めると頭を下げた。


「忙しい中、呼び立ててすまない」


 睦之介が腰を下ろすと、細面の赤橋が軽く微笑んだ。春の爽やかな風のような笑みで、楊三郎ほどではないが中々の美男子である。


「まずは、ありがとうと言いたい。君のお陰で私は大事な側近を失わずに済んだ」


 そう言って、赤橋が大須賀を一瞥した。

 赤橋の軍師。父が、そう言っていた。元は石田正蔵いしだ しょうぞうという下士だったらしいが、その能力を赤橋の父に見出され、断絶された大須賀家の名籍を継がせて身分を一気に引き上げたという。


(怡土でも五指に入る策士か。とんだ大物を助けたものだ)


 と、知らされた時は思ったものである。


「何か礼をしたいのだがね……」

「いえ、それについては無用に。私はあの付近をぶらついていただけで、礼をされるほどではございませぬ」

「ずばり、飲み歩いていたついでに助けたのだから心苦しいというのだな?」

「それは……」


 核心を突いた言葉に、睦之介は言葉を詰まらせた。すると、その様子に赤橋は堪えきれずに吹き出した。


「いやいや。この際、その放蕩っ振りに助けられたのだ。感謝しようではないか。なぁ大須賀」

「如何にも」


 睦之介は、顔が赤くなる熱を感じた。


「しかし、流石は丹下流の使い手。三人を相手にする事は並みの胆力で務まらない。私も剣をしているから、余計に判る」

「無我夢中でした」

「そういう時に、本当の力が出るのだよ」


 赤橋は、江戸で千葉派壱刀流の清流館せいりゅうかんで免許を得たという剣客である。

 清流館は江戸四大道場の一つで、道場主の千葉辰之助ちば たつのすけは、〔江戸の仁王〕と渾名される豪傑と有名である。その男に認められた赤橋に褒められると、流石に悪い気はしない。


「谷原中老も喜んでいた」

「……そうですか」


 父は喜んでいたのか、睦之介には判らなかった。父は文官として功を挙げ、中老に出世した経緯から、剣なり武官なりを軽視する所がある。口では「よくやった」などと誉めてはいるが、口だけの事に思える。


「そこでだ」


 赤橋が、懐から書状を取り出した。


「これを見て欲しい」


 言われるがまま手に取ると、そこには三つの名が記されてあった。


「これは大須賀を襲った者だ」


 赤橋の声が、険しいものに変わった。


「……」

「三名の素性を辿れば、怡土勤王党ひいては加藤甚左衛門殿に辿り着くはずだろう。しかし、君はまだ表沙汰にすべきではないと、お父上に意見したそうだね」

「ええ、確かに言いました」

「その真意を聞きたい」


 突然の質問に一瞬戸惑ったが、睦之介は父に話した事を順序よく説明した。


「なるほどな。今は勤王派の力が強い。しかも加藤殿は、周辺諸藩の勤王派にも人望がある。無理に取り締まれば、何が起きるか判らない。そういう事かな?」

「有り体に申せば左様です」


 赤橋は腕を組むと、一つ大きな溜息を吐いた。真剣な面持ちだ。流麗な目元に、鋭さが増している。


(試されている……)


 睦之介は息を呑み、次の言葉を待った。

 睦之介にとって、赤橋は目指すべき尊敬の対象になりつつある。そんな男に落胆されたくはない。


「大須賀はどう思う?」

「私も同意見です。勤王派の意気は軒昂にて、京師では曲渕信濃が宮中に出入りし、摂関家の覚えめでたいと聞きます。探索は秘密裏に行い確たる証拠を抑えた後は、風向きが変わるのを待っち、ここぞという時に……」


 大須賀が同意してくれた。赤橋の軍師であり、藩でも指折りの策士に。睦之介は、赤橋に目を向けた。


「そうだな。罪を見過ごす事は些か後ろめたいが、これも大罪を裁く布石となるならば。目付組として君の意見を採用しよう」


 その言葉に、睦之介の身体は熱くなった。藩内でも俊英が集まる目付組の軍師が同意し、その総帥が自分の意見を採用してくれたのだ。


(何と言うべきか)


 今までに感じた事のない感情に全身が震え、それを抑えるのに必死だった。

 赤橋が茶に手を伸ばした。睦之介もそれを見て茶を口にした。高級な茶であろう。香りや味わいに気品がある。だからと言って、赤橋は贅沢を好んでいるようには見えなかった。屋敷は広いが、それは大組の身分に見合ったもので、着ている着物や調度品は決して豪奢な物ではない。


(やはり、信じるに足る人物だ)


 何より赤橋は、叱責する父から庇ってくれたのだ。


「そこでだ。暫く私の下で働いてみないか?」

「私が、目付組に?」

「そうだ。だが当面は、大須賀の護衛役をしてもらう。賊は再び大須賀を襲うだろう。今この男を失うわけにはいかんのだ」


 青天の霹靂へきれきだった。名門とは言え、部屋住みの三男坊が目付組に出仕するなど、想像もしなかった事だ。


「しかし、私などが」

「能力は申し分ない。それは既に調査済だ。それにだ。君は勤王の志士を斬った。それは、既にこの時流に巻き込まれたという事なのだ。もう無頼を気取り、時世に背を向ける事など許されない」

「……」

「君が欲しい」

「私が、赤橋様の」

「どうだ?」


 赤橋が確認するように訊いた。睦之介はその言葉で我に返り、


「勿論、私でよければ勤めさせて頂きます。藩にとって重要な人材を護衛する大役を果たせる事は、光栄な事でございます」


 と、平伏した。

 しかし、父の顔が浮かんだ。勝手に決めて良いものなのか。


「お父上には、既に話を通しております」


 そう言ったのは、大須賀だった。睦之介は顔を上げて赤橋を見ると、頷いて答えてくれた。


「私から了承を得ている」


 やはり、この男は。と、睦之介は思った。尊敬できる。そんな男の下で働けるのは、幸運と言うべきであろう。

 赤橋の屋敷を辞去し外に出ると、追ってきた大須賀に呼び止められた。


「これから宜しく頼みます」


 大須賀は深々と白髪頭を下げた。


「いや……」


 睦之介は、大須賀の敬語に戸惑いを覚えた。

 大須賀は同じ大組に属しているが、生まれた身分が低いのと、中老の息子に護衛されている事を気にしているのだろう。


「大須賀殿、私に対して敬語は止めて下さい」

「私は大組とは言え、生まれは下級の無足組むそくぐみ。かつ、睦之介殿は谷原中老のご子息であります」

「しかし、今は大組であられます。そして私は若輩、年長者から敬語で話されるのはどうも苦手で」

「判りました……いや、判った。これから頼むよ」


 大須賀が笑う。だが、目の奥は笑っていない。策士の習性だろうか。笑いながらも、何かを偽り謀っているような目だった。


◆◇◆◇◆◇◆◇


 翌朝、睦之介は当座の荷物を片手に自宅を出た。

 荷物を持って行けと、父に言われた。つまり住み込みでの護衛という事だ。持ちきれない荷物は、家士が運ぶ手はずになっていた。

 出立前に、睦之介は父に礼を言った。赤橋の下で働く事を許してくれた事に対するものだった。それに対し、父は鼻を鳴らし、


「お前の蛮勇が、どこぞで役に立てばよいと思った」


 と、応えた。そして、大須賀の屋敷で学んで来いとも。父なりに期待を込めて送り出してくれたのだろう。

 大須賀の屋敷は、赤橋と同じ堤小路にある。そう大きなものではなく、赤橋邸と比べれば明らかに見劣りする規模だ。

 訪ないを入れると、襷掛けにして袖を絞った若い娘が現れた。炊事をしていたのか、息は弾んでいる。


「失礼する」


 睦之介の言葉に、娘は笑顔を向けた。

 日に焼けた丸顔で、瞳は胡桃のように丸く、愛嬌のある顔である。十七かという年頃だろう。娘は元気よく睦之介を迎え入れた。


(下女かな)


 大組の娘にしては、来ている着物も地味で粗末だ。


「私は谷原睦之介という。大須賀要蔵殿はご在宅か?」

「はい、奥にいます」


 娘は笑顔で頭を下げると、睦之介を中に導いた。中に入ると、大組の屋敷にしては、その狭さが際立った。大須賀は成り上がりである。嫌でも嫉妬の対象になる。その辺りを気にして、わざと狭い屋敷に住んでいるのだろうか。

 大須賀は私室にいた。書見をしながら煙草を吹かせていた。


「お、来たかね」


 と、大須賀は煙管の雁首を叩いて灰を落とした。


「今日から暫くの間、君に命を預けるよ」

「こちらこそ、宜しくお願い致します」


 それからすぐに、警備の話を詰めた。睦之介は日中と外出時の警備を担当し、夜間は宿直とのいとして別の護衛が受け持つという。睦之介は、その護衛の素性が気になったが、その辺りは「流石は目付組」と言うべきか。知縁のある道場から募集し、腕前のみならず普段の行動から思想まで綿密に調べ上げ、最後は赤橋自身で選抜したらしい。

 それほど手間を掛けるのは、それだけ大須賀という男が、赤橋にとって不可欠な男だからだろう。勿論、赤橋にとってもそうで、だとすれば、何としても大須賀を守らねばならない。喩え、自らの命に代えても。


「それと、君には離れで寝起きしてもう。それは承知してくれるかね?」


 最後に、大須賀が付け加えるように言った。


「はい。その件は父に言われています」

「よろしい。身の回りの世話は、娘の紀和きわに命じている。何かあれば気軽に言うといい」


 そう言うと、大須賀は紀和の名を叫んだ。


「あなたは」


 暫くして現れたのは、睦之介を出迎えたあの娘だった。

 紀和は、指を着いて平伏した。笑顔は人懐っこく、どこか子犬のような印象を受ける。


「紀和という。我が娘ながら面倒見はいい方だぞ」


 大須賀は娘と二人暮らしだった。妻は五年前に亡くなり、子も紀和しかいない。あとは住み込みの下女と下男、中間が一人ずついるだけだ。

 それから紀和の案内で、屋敷内を見回った。護衛をする以上、構造は頭に叩き込んでおく必要がある。また、退路になる正門以外の出口も確認した。

 全て見終わると、睦之介の部屋となる離れに案内された。八畳の思ったより広い部屋で、寝具などの一式は既に用意されている。


「紀和殿、ご面倒を掛けるが頼みます」


 睦之介は、一つ頭を下げた。


「ふふ。紀和と呼んで下さい。私は睦之介さんより随分と年下ですもの」


 確かに、並んでみるとまだ身体つきは幼い。まだ十五にも満たないのかもしれない。


「そうはいきませぬ。上役の令嬢ですので」

「いいのいいの。どうせ元は無足組の下士ですもの。大組の姫様のように気取ったりしたら、父に叱られるわ」

「判りました。しかしお父上の手前もありますので、『紀和さん』と呼ばせて頂きます」

「堅いなぁ。ま、何かあれば、気兼ねなく私に申し付けてくださいね。家中の事は一切私が取り仕切っていますので」

「凄いな、紀和さんは」

「父が後添いを貰わないから。かと言って下女も雇わないんです、ケチだから。でも、花嫁修業になるからいいかな? 大変ですけど」


 そう言うと、紀和は舌を出して一笑し、母屋に引き返していった。

 気立てがいい娘だ。いずれは婿養子を取り、大須賀家を継がせるのだろう。そんな事を、去りゆく紀和のまだ薄い尻を眺めながら思った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます