夜を越えよ

作者 星野 驟雨

23

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

個人的には踊り子の庭が好きです。
この作品に出会い、こんな人がいたことに喜びを感じました。荒磨きというか、まだ不十全な感覚もしますがこのスタンスは私がずっと求めていたものです。素直に嬉しく思いました。

ここからは無視していただいて結構です。
エッセイの方を拝見し、評というか何というか、そういう物をさせて頂きます。不快に思われましたら申し訳ありません。
詩の書き方が似通っている気がします。読んでいると飽きてしまう人も中にはいると思います。色々な詩を参考に、新たな文字の配列やリズムで詩を作ってみてください。

楽しみにさせて頂きます。雑文失礼致しました。

★★★ Excellent!!!

言葉は常に、研ぎ澄まされねばならない。
現実を切り裂く、刃となる必要があるからだ。

ここには、一意に意味沈殿させるドクサの罠を振り切る速度と、物自体界を偽るリアリティの幻覚を切り裂くだけの鋭さを備えた言葉たちがある。

ようやく、言葉のちからを思い出せそうだ。