処女ビッチ魔王と平凡な勇者

めたるぞんび

第1話 処女ビッチ魔王と平凡な勇者

「お願いします。私にすっごく『えっち』なことをしてください!」


 人気のない校舎裏へ呼び出された俺は、清楚可憐な美少女からそう告白された。

 普通ならあり得なさそうな事態だが、これはいつものことである。


 コイツは俺を――ん? ああ、スマン。俺の名前は衛守勇士えもりゆうし

 何処にでもいる平凡な高校生――の、ハズだ。

 ただガタイがデカいのと、ちょっと運動すりゃ世界記録を叩き出してしまう。

 そんな特技があるだけの、普通の高校生――の、ハズだ。


 そして、この目の前の美少女の名前は、愛染真央あいぜんまお

 誰がどこからどう見ても、清楚可憐な完全無欠の超絶美少女だ。

 超絶美少女と一口で言ってもなかなか分かり辛いだろうが、コイツ程の美少女は俺も見たことがない。テレビでわんわん騒いでるアイドルなんざ、裸足で逃げ出すくらいだ。


 透き通るような白い肌、大きく印象的に輝く黒い瞳、よく整った小さな顔立ち。

 鈴が転がる様な涼やかな声に、たおやかな肢体。豊満でたわわな胸。

 長く艶やかな黒髪を前髪立てにし、かぐや姫も斯くやと言わんばかりだ。

 清楚可憐な見目振る舞いには、この上なくセーラー服がよく似合う。

 誰がどう見ても校内一はおろか、世界でも類稀なる純和風の絶対的美少女。

 それがこの、愛染真央あいぜんまおという同級生の外見だ。


 ああ、悪いがこれ以上の説明は勘弁してくれ。問わず語りはガラじゃないんだ。

 こうして人に話して聞かせるのも得意じゃない。金輪際、お断りする。


 さて、話を戻させてもらう。


 そんな美少女然とした真央であるが、コイツは俺を何だと思っているのか。

 いつだって唐突に、のっけからとんでもないことを平気で口にする。

 しかしながらさっきも言った通り、コイツとの関係はこれが日常茶飯事だ。

 だから俺は、いつもしっかり返答するようにしている。


「だが、断る」


 コイツにも分かりやすいように、きっぱりと拒絶を口にした。

 当然、先般の「すっごく『えっち』なこと」に対する答えだ。


「なっ、何故ですかっ?! さっきは『お礼』をしてくれるっていったじゃないですか!」

「それのどこが『お礼』だっていうんだよ!」

「私にとって、一番の『お礼』ですっ!」

「だが、断る」

「どうしてですかっ、何故ですかっ!? 私、知りたいです!」


 何故ですか、と問われれば、答えは一つ。


「俺は、できる限り平凡に暮らしたいんだ」


 そうだ、俺はとにかく平凡に。目立つことなく平和に暮らしたい。

 だがそう答えた俺に、真央は必死に食い下がる。


「平凡です! これは平凡な一般的な男女の営みです!」

「お前の発言がまず、平凡じゃない」

「そんなことはありません! 人あるところに『えっち』ありです!」

「なんでオマエは初っ端から『えっち』ありきで話を進めたがるんだよ!」

「じゃあ、どうしたら『えっち』なことをしてくれるっていうんですか!」

「どうしたらいいかなんて、むしろこっちが聞きたいわ!」


 いきなり『えっち』したいと言われて、どうしろと言うんだ。

 もちろんこれほどの超絶美少女にコクられて、悪い気はしない。

 もしかしたら、普通の男なら二つ返事でOKするのかも知れん。


 だが俺は――何よりも静かに、平穏に暮らすのが俺の一番の願いなんだ。

 こんなヘンテコなことを言い出す超絶美少女と付き合ってみろ。

 まず平穏な生活なんて、どうひっくり返っても送れそうにない。


「それにしたって、順番というものがあるだろう」

「はい、あの、順番というのは?」


 長く艶やかな黒髪を揺らして、真央は愛らしく首を傾げる。

 その仕草はまるで、無垢な童女が首を傾げるが如しだ。


「ええと、例えばまずは、告白する……とかだな」

「こここ、告白ですか……? どどど、どうしましょう……!」


 真央は急にわたわたと落ち着きを無くし、白磁の頬を赤く染め始めた。

 いきなり『えっち』したいなどと言い出す真央が一体どうしたことか。


「なんだ?」

「だって、その……胸が、張り裂けそうな程……好き……なのですもの……」


 林檎のように真っ赤になって口籠り、もじもじと小さな声で告白した。

 まずもってやはりコイツの場合、色々と順番がおかしい気がする。


「なんで『えっち』は堂々と言うのに、告白の方が恥ずかしそうなんだよ!」

「だ、だって、物凄く好き過ぎて……口にするだけでどうにかなりそうで……」


 要するに「好き」は明確な感情としてよく理解しているが、『えっち』に関しては知識が薄く曖昧過ぎて、どういう状況なのか脳内処理が追いつかないために口にし易い――と、どうやらそういうことであるようだ。

 純真無垢にして純情可憐が行き過ぎてしまうと、こうなってしまうのだろうか。


「勇士さまが……好き、です。大好き、なんです。言葉にするだけで、私……あっ……」


 真央はよろける様にして、校舎の壁に手を突いた。


「だ、大丈夫か?」

「軽く、気絶してしまいそうになりました……」


 いやいや、ちょっと待て。

 どれだけ俺の事を好きになったら、こんな風になれるのだろう。


「……にしたって、やっぱりおかしい」

「そ、そんなぁ……」


 真央は流麗な眉をハの字型にして、心底困って見せる。


「もう、我慢の限界なんです。勇士さまに似ているものを見るだけで、心が掻き乱されてしまうくらいに、お慕い申しております」

「俺に似ているものって、なんだよそりゃ」

「例えば、椎茸」

「シイタケ?! それのどこが俺に似ているっていうんだ!?」

「特に色が、茶色いところなど……」


 確かに俺の肌は地黒で、何もしていないのに日に焼いたような色をしている。

 にしたって、茶色いから俺に似ているというのは、どう考えてもあり得ない。


「ちょっと待て、それじゃ何か? オマエは椎茸を見てドキドキしたりしてるのか?」

「ドキドキどころじゃありません! 今日だってお弁当に入ってた椎茸を見て、心がじゅん……ってして、午後の授業は勇士さまのことばかりを考えてしまいます!」

「それは妄想逞しすぎだろ!」

「そんなことはありません! これはきっと『ラブ』なのです!」


 愛、愛、あい、あい、ラブ、ラーブ!


 キラキラとした大きな瞳をより一層輝かせて、真央は『愛』を叫ぶ。

 どうにもこれが本気の通常運転だから、俺としてはタマラナイ。


「あの……勇士さま?」

「なんだよ」

「こんな身体にした責任、とってくださいましね?」

「オマエはこれ以上、誤解を招く発言を慎んでくれ」


 どうしようもなくなって、俺はつい柄にもなく溜息を洩らす。


「あっ、あっ、勇士さまの溜息です、貴重ですっ! ハスハスッ!」

「そんなところでハスハスすんな!」


 真央はできる限り顔を突き出して、俺の溜息を吸い取ろうとし始めた。

 水面から顔を出して必死に呼吸をする亀か何かか、オマエは。


 ともかくだ、このままでは埒が明かない。

 思い切って真央に具体案を聞いてみることにした。


「じゃあ、例えばだ。オマエの言う『えっち』なことって、何がしたいんだ?」

「……えっ?」


 その問いに、真央はキョトンとした顔をしてしまった。

 ちょっと待て。そんな顔をされるようなことを、俺は言った覚えないぞ。


「え、えーっと……勇士さまの『ずきゅーん』を、私が『ばきゅーん』して……」

「おい! なんだその『ずきゅーん』とか『ばきゅーん』っていうのは?!」

「え? 放送各局、いつもその様に耳にしておりますけれど……?」

「そりゃ、放送できない内容だってことだろ!」

「はぁ、例えば具体的にはどんな?」

「具体的にって、そりゃ……って、言えるか! 期待するな!! メモを取るな!!」


 真央は授業で講義を受ける時の様に、熱心に聞き入る体勢に入っていた。


「だ、だって、そんな内容など早々聞けるものでは……」

「なんとなく、ニュアンスで分かりそうなものだろう?」

「ええっ? そんな放送倫理規定の機密事項をどちらで入手なさいますの?」

「知らん知らん! そんなの説明するまでもないだろ!」

「放送業界の裏事情まで知り尽くすなんて……恐ろしい方……」

「俺は今、オマエがもの凄く恐ろしいわ……」


 もう一気に脱力した。早くお家へ帰りたい。

 そんな気持ちも知らず、真央はまだまだ食い下がる。


「もしかして、勇士さまにはもう心に決めたお方がおいでですか?」

「いや、いないが……」


 素直にそう告げると、真央は心の底から嬉しそうな顔になった。

 そういう顔をされると、真央の愛は本物かも知れないと信じそうになる。だがしかし、むしろ「いる」と言ってしまった方が、楽になれたのではないだろうか。

 すると真央は「あっ」という顔をして、とんでもないことを言い出した。


「あの……もしもいたとして、私、愛人さんでも構いませんよ?」

「おおおい、ちょっと待て!」

「例え、二号さんでも三号さんでも構いませんっ!」

「構えよ! というか、俺が構うわ!!」

「勇士さまから耳掻き一杯程度の『愛』を頂ければ、私、それで十分致死量ですから!」

「やめろ! 人の『愛』を青酸カリみたいに言うのは、やめろ!!」


 この調子だと「いる」と嘘をついたところで無駄であったに違いない。

 むしろ変な方向へこじれなかっただけ、マシというものだろう。


「あっ、分かりました!」

「おい、今度は何を分かったつもりになった?」

「つまり、こういうことですよね?」


 真央はそう言うと、校舎の壁に片手をついて、形の良いお尻を突き出した。

 そうしてご丁寧な事に、右手の親指を柔らかそうな口唇で甘噛む。


「はい、召し上がれ!」

「どこでそういうポーズを覚えてくるんだよ、オマエは!!」


 どこぞのグラビアに登場しそうな程、しっくりきているのが腹立つ。

 美少女は何をやっても美少女だということだろうか。


「えっ、えっ? だ、ダメですか……では、はいどうぞ!」


 今度は五体投地ごたいとうちで両手両足に額を地面に投げ出して、突っ伏してしまった。


「私のことを、美味しくいただいちゃってください!」


 もうホント……どうしてくれようか、このやろう……とにかく校舎裏でこんな姿を誰かに見られでもしたら、人聞きが悪いどころの話ではない。


「おい真央、お願いだから立ってくれって……」


 そう言って俺は、真央に走り寄ろうとしたその時――


「ああん、勇士さまぁっ……ご無体なぁ……っ、はぁぁんっ!」


 真央が切なそうに身を捩り、甘い声で悶えた。


 そうなのだ。感受性が強すぎる彼女は、俺が近づいただけで感じてしまうのだ。

 先程までの様に、通常会話ができる程度に制御できる距離は五メートル。

 その範囲内に俺が立ち入ろうとしたものなら、真央は性感帯を刺激される。

 しかもそればかりではない。真央に触れようものならば、彼女は――


 俺は、得意の跳躍力を発揮してバックステップで五メートル以上飛び退いた。

 今回、彼女のフィールドへ立ち入った距離は二メートル程度だっただろうか。


「お、おい……無事か?」

「は、はい……軽く……どうにかなってしまいました……」


 真央は、荒い呼吸で俺の言葉に答えた。


 何がだ。おい、何がだ。


 いや、ここは深く踏み込んで聞くべきことではない。

 念には念を入れ、俺は真央との距離を十メートルほど離した。

 すると真央は腰を押さえつつ、ヨロヨロと立ち上がって言った。


「勇士さまに……私の全てを奪われてしまいました……」

「何がだーっ!!?」


 真央は乱れ髪を押さえつつ、恍惚の笑顔を浮かべている。

 どうやら今日のところは、これで満足してくれたらしい。


 これで……本当に良かったのだろうか。

 この処女ビッチと俺は――平凡な高校生活を共に過ごすのだ。


 ◆ ◆ ◆


 さて――衛守勇士えもりゆうし愛染真央あいぜんまお

 この二人を語るには、遥か一万年の時空を超える必要があるでしょう。

 そう、誰にも語り継がれることのない、忘れ去られた悠久の伝説。

 これは神々より約束された、ボーイミーツガールの物語なのです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます