断食によるハングリーハイの快感

皆さん、断食の経験はありますか?


デトックス効果があるとかで、一日だけの断食は経験ある方も少なくはないのかもしれませんね。


でも断食の本当の楽しみは、その先にあったりするのです。


それを私は勝手に「ハングリーハイ」と名付けてみました。


この「ハングリーハイ」を一言で解り易く言うと、食欲から解放される事による快感なのです。


そして、その快感は好きなだけ好きなものを食べる事と、快感の大きさは同じくらいな様に感じます。

もっと解り易く言うと、食欲から解放される快感は食欲に身を委ねる快感と同等である、と。


似てるかと言えば、似ても似つかないが、快感の大きさは同等である様に感じる。


しかし、この「ハングリーハイ」を感じるのは、一筋縄ではいかなかったりもする。


ひょっとしたら、一部の変わり者だけが感じる事が出来る事なのかもしれないし、他に居ても個人差はあるのかもしれません。


だから、あくまでも私個人の経験でお話させて頂くと「ハングリーハイ」を感じるまでに約三日程の断食が必要。


そして、その三日間は皆さんの想像通り、或いは想像以上の苦痛が伴います。


この時点でマゾっ気の無い方は脱落かもしれませんね。


しかし、それを乗り越えると「ハングリーハイ」が待っているのです。


この「ハングリーハイ」、決して空腹にならない訳ではない。

空腹を感じながらも食欲に心乱されなくなるのだ。


感じる空腹感に快感を覚えてきて、食欲から解放される。

食欲から解放される事で更に心地好くなる。

食欲から解放される事であらゆる雑念からも解放される。

本当に心穏やかになれたりもする。


そして、これがクセになる。

三日間の苦痛に苛まされる事になっても、この快感を感じたくなる。

たまに、だけどね。


さすがにそんなにしょっちゅうは勘弁。

それ程の価値はない。

はっきりと言い切れる。

食欲に身を委ねる快感で十分。


ただ、米が好きだからと言って、毎日米ばかりじゃつまらない。

パンや麺も食べたくなるでしょ。


それと同じ様な感じで時々感じたくなる。 


だから毎日米でも構わないという方は、無理してまで経験する必要はないでしょう。


しかし私と同じ様に色々なものを感じたい方は、一度くらい挑戦してみるのも悪くは無いのかもしれません。

挑戦してみて「ハングリーハイ」を感じる事が出来たら、私の様に時々、断食したくなるのかもしれません。


とは言っても、余り他人には薦められないかな。

推測になるけど、こういう事をすると、拒食症になったりする事もあるのかもしれない。

拒食症の食べたいのに食べる事が出来ない苦しみは「ハングリーハイ」の真逆だと思う。


正に表裏一体なのかもしれません。

そんなリスクを負ってまでする事はない様にも思う。


だから、こんな変な奴もいる。

そう思うだけにしておいて下さい。

汗。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料