借り物

夜も更けて、静かになって、世界が雨音に支配される時、辺りは優しさに包まれる。


俺はその優しさを少しだけ借りて、彼女に優しくキスをする。

彼女は俺を求めてくる。

俺は彼女に応える。


彼女は珍しく照れていた。

俺がいつもとは違って、優しかったからだろう。

俺はそれがとても可笑しかった。

だって彼女は知らなかった。


俺が雨音の優しさを借りていたなんて事。


五月雨の降る夜、俺と彼女は天国へと行った。

偽りの天国だったんだけどね。


朝になって、日が射してきて、世界が夜明けを喜ぶ時、優しさが俺の中に入り込む。


俺はその優しさを少しだけ借りて、彼女に優しく語りかける。

彼女は俺を求めてくる。

俺は彼女に応える。


彼女はいつもより烈しかった。

俺がいつもとは違って、優しかったからだろう。

俺はそれがとても愛しかった。

だって彼女は知らなかった。


俺が朝日の優しさを借りていたなんて事。


五月雨が止んだ朝、俺と彼女は天国へと行った。

偽りの天国だったんだけどね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料